SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.07.27

【F1第11節/F選抜×浦安】立ち上がりの決定機を決めきれず…。第1クール最後は黒星で終わる「もう少し勝ち点を取れるシーンがあった」(F選抜 金井一哉監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月27日(土)にFリーグ2019/2020ディビジョン1 第11節のFリーグ選抜vsバルドラール浦安が町田市立総合体育館で行われ、Fリーグ選抜は0-3で敗れている。

ポゼッションこそ浦安に握られるFリーグ選抜だったが、アグレッシブに前線からプレスを狙いゴールを目指す。7分にはカウンターから松原友博がミドルシュートを狙うが、ここはクロスバーを叩く。その後もゴールを奪えずにいると、前半終了間際に失点して後半を迎えた。

後半の早い時間帯にまずは追いつきたいFリーグ選抜だったが、逆に失点して点差をつけられる。その後も前線からプレスを仕掛けていくが、うまく浦安にいなされてボールが奪えず。残り3分30秒からは新田駿をゴレイロに置くパワープレーに出るが、逆にパワープレー返しを決められて試合は終了。第1クール最後の一戦は黒星となった。

現状を知るための第1クール

金井一哉監督(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

たくさんの方に観戦に来ていただきましてありがとうございました。試合については0-3ということで完敗だなという思いが正直な感想です。前半にチャンスを作りながら決めきれず、そこがゲームを難しくした要因だったと思います。これからも引き続き(得点を取る部分を)取り組んで改善できるように、チームとして成長できるようにしたいと思います。

──第1クールが終わりましたが、その総括と今後に向けての課題は?

第1クールの2勝1分け7敗に関しては、正直に悔しいです。もう少し勝ち点を取れるシーンもありました。ただ、キャプテンも言うように、現状を知る上で、第1クールを戦いきることができたことはよかったと思っています。

この結果を踏まえて第2クールに向けては、守備の部分を改善するプランニングがあります。今まではマンツーマンでやっていましたが、それは体力強化を考えて選んだ戦術です。そこからどうやって効率よくプレスをかけるか。そこにフォーカスして第2クールを進めていければと思います。

磯村直樹(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

試合の総括は監督が話してくれたので、今シーズンについてを話したいと思います。第1クールが終わって自分たちの現状はしっかり把握できました。第2クールで改善してできることを増やして、第3クールで魅せられれば、自分たちのあり方としては良いことだと思います。今後そういう風に取り組んでいきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami