SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.12.16

【本田レポート】3-1&4-0システムが不発。町田は大きなホームアドバンテージを生かせず。

PHOTO BY軍記ひろし

12月15日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第29節、ペスカドーラ町田とシュライカー大阪の一戦が町田市立総合体育館で行われ、町田は2-4で敗戦した。

敗戦ムードのなかで見せた4人の連係ゴール

ホーム・町田市立総合体育館に大型映像装置が設置され、その点灯式を含めて様々なイベントで試合を盛り上げた町田。日本フットサル界を支えたレジェンドたちが集結したペスカドーラ町田OBによるレジェンドマッチ、秋元康氏が企画した番組で結成されたアイドルグループ「ラストアイドル」のメンバーが登場して一夜限りで行ったスペシャルパフォーマンス、そしてアリーナの2箇所に設置された大型映像装置の華やかなお披露目。“ペスカドーラ町田デイ”の準備は整っていた。あとは、プレーオフ出場を争う最大の関門、大阪に勝利して勝ち点差を「4」から「1」に縮めるだけ──。

しかし、気合が逆に、から回ってしまったのか。町田は立ち上がりから苦戦した。

中村充、菅谷知寿、甲斐稜人、伊藤圭汰の“ニュージェネレーションズ”は、序盤で相手の圧力に屈してしまう。アルトゥールからのダイレクトパスでピヴォにボールを通されると、対応した伊藤が、相井忍にトラップで入れ替わられて、最後はゴール前に走り込んだアルトゥールにゴールを決められてしまう。

さらに5分、相手のパス交換からゴール前を斜めに横切るパスに反応できずに失点。マークをつかまえきれず、浮き足立ってしまっていた選手の姿を見て、ルイス・ベルナット監督は8分、早々にタイムアウトを取ってチームの修正に取りかかった。

そこで投入されたのは伊藤、新倉康明、横江怜、金山友紀の4人。これまで、3-1セットでもクワトロセットでもあまり起用されてこなかった組み合わせで打開を試みたが、これも不発に終わってしまう。

12分、相手の効果的なパスワークとフリーランニングに翻弄され、やはりマークにつききれないまま、再びゴール前に入り込まれて失点。前半を終えて0-3と、大きなビハインドを背負ってしまった。

今シーズンの町田のスタイルは、3-1システムと4-0システムの両刀。なおかつ、そのいずれのシステムでも若手を積極的に起用することで、結果と育成の両軸で戦ってきた。指揮官のその根気強いチームづくりは、間違いなく町田を底上げしている。前半を終えて肩を落としてしまいそうななかでも、彼らの闘志は、消えていなかった。

後半早々の22分、中堅、若手、ベテランが全員で鮮やかにゴールを奪ってみせた。

左サイドでボールを持った室田祐希が縦にパスを送ると、ピヴォの毛利元亮がボールをキープ。近づいてくるアルトゥールとの距離を確認しながら、絶妙なタイミングで中に折り返すと、最後は走り込んできたヴィニシウスが決めて、ようやく1点を返すことに成功した。

見逃せないのは、右サイドの滝田学も、フリーで走り込める用意をしていたことだ。仮にヴィニシウスのシュートが弾かれたとしても、そこに詰めることができる。ピッチの4人全員がかかわるゴールで、敗戦ムードを払い退けた。

しかし、その後は、なかなかペースを握れないまま時間が経過するが、29分には、自陣ゴール前で1対1を許してしまう大ピンチを2回も迎えてしまうが、イゴールが立て続けにシャットアウト。これで空気が変わり始めると、34分、相手陣内でボールを奪った室田が、ゴレイロとの1対1に持ち込み、相手の動きを見極めながらまた抜きシュートで2点目をゲットした。

この日、初めてお披露目された大型映像装置は、町田のゴールが決まるたびに、選手のビジュアルが表示。さらに、客席に設置されたランプも一斉に点灯して、会場全体でボルテージを引き上げる工夫が施されていた。そんななかで1点差に追い上げたことで、ホームには「行けるぞ!」というポジティブな雰囲気と“黄色い声援”が充満していた。

そして残り3分、町田は室田をゴレイロと交代してパワープレーを開始。しかし、途中、菅谷に替えて甲斐を右サイドに入れて、ヴィニシウスとの左利き2枚という組み合わせでゴールを狙ったものの、最後の最後まで決定打を打てず。逆に残り27秒、最後尾でボールを失うと、無人のゴールに決められて万事休す。

何よりも手に入れたかった試合で「勝ち点3」を取りこぼしてしまった。

ペスカドーラ町田の試合後記者会見コメントはこちら

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami