SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.26

超個性派集団の中の優等生イケメン!18歳・山田凱斗はアグレミーナ浜松の未来

PHOTO BY軍記ひろし

リーグ屈指の超個性派集団であるアグレミーナ浜松。そこへ突如として現れた18歳の新生・山田凱斗。小学生の頃からFリーガーになることを目標に歩み続けた彼が、ついにその舞台で初ゴールを奪った。“クラブの未来”とまで言われる山田凱斗という選手は──。

目指すは日本のトップレベル

アグレミーナ浜松と言えば──。横浜F・マリノスの中澤佑二を彷彿とさせるような“ボンバーヘッド”を揺らしながらトリッキーなプレーで観客を魅了する選手。ヴィッセル神戸、FC琉球、カターレ富山などJリーグの舞台を経験した選手。殺人的な左足でのシュートを武器としている選手。個性的な選手をあげれば枚挙にいとまがない。

そんな浜松の中で“正統派イケメン枠”にあたる、山田凱斗をご存知だろうか。静岡県東部出身の山田は、他の選手たちと同じように、小学校時代からサッカーとフットサルを並行して行ってきた。しかし当時、通っていたスクールで彼の人生を大きく左右する出会いがあった。昨年までペスカドーラ町田で活躍していた篠崎隆樹だ。

「通っていたスクールに篠崎さんが教えに来てくれていました。そこで憧れを抱いて、Fリーガーになりたいと強く思いました」

その後もサッカーと並行してフットサルを学んで来た山田だが、中学校2年で「自分の目標を達成するためにもフットサルに絞ろう」と、フットサルプレーヤーとして歩んでいくことを決断。高校入学から、東海リーグに所属するプライアグランジに入団し、3年間、大人たちに混じって自己研鑽に励む。そして高校を卒業した今年、浜松への入団が決まった。

開幕からチームに帯同し、第5節のバルドラール浦安戦を除いて全ての試合でピッチに立って来た中、迎えた第7節の立川・府中アスレティックFC戦では、14分に自身のプレッシングからボールを奪い須藤慎一の先制ゴールをお膳立て。さらに直後の15分には右サイドの萩原洪拓が入れたシュート性のパスを、しっかりとファーポストに走り込んで押し込み、嬉しいFリーグ初ゴールをマークした。

惜しくも敗れたが、試合後の会見で豊島明監督は「まだまだ荒削りですが、ポテンシャルが高く将来性があります。その辺りをどう生かしていくかが、クラブの今後につながる」と、山田を“クラブの未来”として称賛した。

憧れていたFリーグでの初ゴールに加え、指揮官からの称賛を受けて、18歳ならば少々浮かれても仕方がないところ。しかし山田は初ゴールについて「チームの方たちに繋いでもらって触るだけのボールでした」と感情を出さず。指揮官からのお褒めの言葉も「出た時間にできることを精一杯やるだけです」と謙虚に語る。

それでも同世代の話となると目の色を変える。U-19フットサル日本代表としても活躍する山田。この世代は1999年生まれ、2000年生まれを中心に構成されており、その中の代表的な選手としてはデウソン神戸を退団してイタリアのセリエA2に所属するTodis Lido di Ostia Futsal C5へと加入した山田慈英の名前が一番に出てくる。

「同世代で言えば、やっぱり一番は山田慈英。彼には負けないようにやっていきたいと思っています。将来的には自分も海外に挑戦して見たい」

世界を相手に戦う同世代から刺激を受けつつも「そのためには日本のトップレベルにならないと。今のチームで自分が中心となってプレーできるように頑張ります」と、まずはクラブが求めるように“浜松の未来”を目指す。

伸び盛りの18歳。山田凱斗の今後の活躍から目が離せない。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami