SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.04

【F1第8節/浜松×北海道】フットボールの基本!「シュートは打たなければ入らない」(北海道・小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月4日(土)にアリーナ立川立飛で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第8節、エスポラーダ北海道はアグレミーナ浜松と対戦し0-2の敗戦を喫した。

前半に失点を喫して北海道は、動きが重たくフィニッシュの形を作れない。すると後半開始直後にもネットを揺らされて2点差とされる。その後も苦しい展開の中、試合終盤にはパワープレーでゴールを目指すが最後までネットを揺らすことはできず敗戦となった。

前節の大阪戦からチームを見直す

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

何としても勝ち点3を奪いたい試合でした。残念ながら前半と後半の立ち上がりに不用意な失点をしてしまい、失点は良いですがそれ以上に跳ね返すことができませんでした。こういうゲームで1点も取れなかったことが非常に残念です。チームにも話をしましたが、もっとシュートの場面で積極的にシュートをしにいく。入れないといけないではなく、シュートは打たなければいけないですし、打たないと入りません。もう少しそういう積極性が出てこないと。カウンターで数的優位を作ってセーフティに決めたい気持ちはわかりますが、状況を判断した上で、単独でシュートを打たなければいけないのならば、思い切って打つ。そこが少し整理できていませんでした。ただ、全体的な動きとして悪いとは思わないです。点数が入らない状況が続いてしまうことは良くないです。次はホームで町田なので、厳しい試合になると思いますが、ロースコアの中でゲームをまとめられれば勝機はあると思っています。若いチームなのでこういうこともあると思いますが、一戦ごとに乗り越えていきたいと思います。

──やや運動量が少なかったような印象だが、この暑さが影響したのか。
今日は比較的、選手の感覚では涼しかったです。前回の大阪戦からチームを見直している部分、またケガ人がいて、水上も使わないので良いのであれば使いたくありませんでした。その中で戦術的な部分でのもろさがありました。自分の適材適所の位置が変わっている選手もいて、案の定、セグンドに詰めるなどの部分、せっかく高山が切り込もうとしているのに逆サイドは状況を見ていて、自分がやらなければいけないことをできずに動きを見てしまっていました。修正していきたいと思います。

──戦術的な修正を行ったのはここで一週間の休みがあったからか。
そうですし、玄太を休ませる意味でもありました。また、クアトロセットには小島(翼)が本来はいましたが、足元、足元の動きになっていました。相手の背後を取る怖さがなくなったので、高山をそのポジションに戻しました。いくつか効果的なスタイルの攻撃もありましたが、得点には結びつかず。高山も打てば良い場面で打たないということがいくつかありました。そこが勿体無いですが、全体的なところではイメージしていた攻撃のスタイルをしてくれたと思います。

水上玄太(エスポラーダ北海道)

今日はなんとしてでも勝って、勝ち点を伸ばしたかったですが、前半の立ち上がりにブラインドから相手選手のうまさから失点してしまい、その後もチャンスがありましたが、その攻撃を跳ね返されました。後半、相手よりチャンスがあったと思いますが決定力の部分で攻撃が単発になり、シュートで終われなかった部分もありました。次の対戦(町田戦)を考えたとしても、あいて日本を代表するGKですし、1発で決められなくても2発、3発と厚みのある攻撃をチーム全体として、最後まで走りきるなどその部分をしっかりとトレーニングして、ホームなので勝ちたいと思います。

──前半は出場時間が少なかった中で、後半はどういう意気込みでピッチに立ったか。
前半が無得点で終わっていたので、僕が入って攻撃活を性化しようと。まず1点取れれば波に乗れると。若さもありますし、勢いもあるチームです。ロースコアでいけば、自分たちのチャンスは出てくると思っていましたが、立ち上がりに失点してしまいました。チャンスは作れましたが、最後のゴールを決めるところが届かなかったので、そこは僕自身が追求していかなければいけないところです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami