SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.04

【F1第8節/立川・府中×湘南】連勝ストップも淡々「正しい順位、実力を持っている認識はなかった」(立川・府中・谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月4日(土)にアリーナ立川立飛で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第8節、立川・府中アスレティックFCは湘南ベルマーレと対戦し2-6で敗れた。

前半はゴールレスで終えるも、後半は一転して点の奪い合いに。21分に失点した立川・府中だったが、22分に渡邉知晃が直接FKをたたき込むと24分には流れるようなパスワークから最後はマルキーニョが逆転ゴールを奪う。しかし、連続失点を喫して再度勝ち越しを許す。試合終盤には内田隼太をGKに置いたパワープレーに出るが、逆にゴールを奪われて試合は終了。立川・府中の連勝は4でストップした。

相手の方が1人多かった

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

このところ連勝が続いていましたが、自分たちが正しい順位にいてその実力を持っているという認識はありませんでした。とにかく目の前の試合を必死に戦いながらきました。今日の試合は一つの山場になるだろうと選手たちにも話して臨みました。おそらくプレーオフを争う、上位に入ってくるチームとの対戦で、そのチームに我々は去年負け越しています。チャレンジャーとして戦いました。スコアこそ離れましたがそれほどの差があったかというとそうではないのかなと。自分たちの時間帯を作れました。ただ、点の流れ、運の部分かもしれませんし、実力としてピンポイントの弱点、ルーズにしている部分、悪いところが全て出てしまった失点でした。勝っていたからこそうやむやにされていた部分が出てしまったかなと。良い部分と悪い部分、そこの見極めをしていきたいと思います。負けたからこそ、そういう部分を真剣に見つめてくれると思います。これまで以上に気持ちを引き締めて、次の試合に。次の試合だけに限らず第2クールや第3クールで湘南と対戦した際に結果をものにできるようにしたいです。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

今までとそれほど大きく変わる内容ではありませんでした。相手が変わった中で、結果がああなったのかなと。僕たちは1つ1つ成長しなければいけないチームで、反省を生かして次に。今日の試合は、前半はそこまで悪くなかったですが良くもなかったです。後半は、僕の感覚でいえば相手の方が1人多かった。それがどういうことかは自分たちが良くわかっていると思います。

──相手が1人多かったことについてもう少し具体的に。運動量の部分でのことか。
そういうことです。そう感じました。サッカーでは良く使う言葉だと思います。どの局面でも相手の方が1人多いと感じる場面が多かったです。改善するためにはトレーニングしかありません。

──意識的な部分で改善できるところか。
僕の感覚でいえば、意識で変わるのであればもう変わってくれと。意識だけで変われるものではないと思います。相手が1人多くてもこちらが上手ければ良くて、そういう試合もありました。相手が1人多いなと感じながら試合をしていることがあっても、スキルで圧倒的にこちらが高ければ勝てます。

Bitnami