SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.04

【F1第8節/立川・府中×湘南】3試合ぶりの白星で好転か?「次のすみだ戦でどうなるか」(湘南・奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月4日(土)にアリーナ立川立飛で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第8節、湘南ベルマーレは立川・府中アスレティックFCと対戦し6-2で勝利した。

前半こそゴールレスで終えるも、後半はお互いに点を奪い合う展開に。すると湘南は2-2で迎えた28分に小門勇太が勝ち越しゴールを奪うと、その数秒後には小門が直接FKを叩き込み点差を広げる。5-2とリードして迎えた終盤は、立川・府中のパワープレーを凌ぎつつ、刈込真人がパワープレー返しを決めて勝負あり。3試合ぶりの白星を手にした。

仲間を信頼してパスやシュートができていた

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

まずは完山選手に300試合出場おめでとうございますとこの場を借りて伝えたいです。素晴らし選手だなと。鳥取の奥山蹴球雑技団というところからすごいテクニカルな選手が府中に入ったと聞いて、府中と当たった時に2点取られてすごい選手だと思いました。この年齢までプレーするのは上手いだけでなく、生活などフットサルに捧げてきたからだと思いますし、尊敬に値します。

試合の方は今シーズン苦しい中、僕も、コーチも、トレーナーも、クラブも、選手たちももがきながらやってきて、大分に大敗してスッキリしたとお話ししました。もう一度、自分たちは弱い、弱いけど這い上がる力はあると。その中で忘れてきたものを取り返そうと。その中でフットサルに対する、プレーする喜びやピュアな気持ちを出そうと試合に望みました。内容は悪くなかったですし、勝ってよかったと思います。まだまだ、これからもっとチーム状況を良くしないと勝った、負けた、引き分けたの繰り返しになります。開幕から負け、勝ち、引き分け、負け、勝ち、引き分けで今回は勝てましたが、連敗していませんが連勝もしていません。ただ、試合が終わった後に上原(拓也)が率先してボトルを持ち帰る姿を見て、そういう選手がいることを誇らしく思いました。試合に出てなくて悔しい思いがあると思いますが、その中でそういう仕事をやってくれるのは、そういう光景が嬉しいです。チームのために捧げて戦える選手がどれだけいるかが大事ですし、ただ、フットサルが好きだとかだけではなく、このクラブのために自分がどんなことでも貢献してやろうとする選手が多いチームがより強いと思います。そういう部分で、今日、彼の姿を見て誇らしく思いました。次は2週間空いて、ホームの秦野です。僕が住んでいる場所ですが(笑)。すみだと試合があります。すみだも今は苦戦していて、何かをきっかけに這い上がってくるチームなので、フウガとガチンコ勝負ができることは楽しみです。終わった後に須賀監督を家に招待してご飯を食べながら、試合のフィードバックができれば良いかなと思います。

──6得点は今シーズン初だが、この中断期間で何か特別なことに取り組んできたか
外の炎天下で練習して選手たちはきつかったと思います。逆にいうとその中で練習したことで確実に相手は後半落ちるだろうと。ハングリー精神を研ぎ澄ますことができたのかなと思います。一人一人が自分たちの立ち位置に立ち返って、自分たちが目指すものを共有した中で練習ができました。それが今日の試合で出てよかったかなと思います。うちはもともと点を取る力がある選手が多くて、これくらいの点は取れなければいけません。ただ、何か迷いがあって、打てるときに打たず、パスを出せるときに出さない。判断が鈍っていたところがあります。今日は仲間を信頼して、パスを出したりシュートしたりができていたと思います。

──墨田ラウンドでは内村俊太の代わりに小門勇太を後ろ目で使っていた。今日は本来のポジションに戻していたが。
もともとは前をやってもらいたい選手ですがチーム事情もあり、後ろで相手のピヴォをマークする仕事の時もあります。正直に彼はパスが上手くないので(笑)フットサルのパスの出し方や反応、対応。このボールが彼の規格に合ってないのかなと(笑)それならゴールに近いところで迷うことなくプレーしてもらいたいです。今日は(横澤)直樹が戻ってきて、一人一人の仕事が明確になりました。去年のメンバーで試合ができましたし、何かがきっかけになればと思います。

──鍛代元気はフィニッシャーとしての才能が開花しつつあるが。
もともとハートが強いわけではなく、自信をなくすと外してしまうというか。ただ、北海道戦で初ゴールを獲って、少し落ち着いて試合に臨めたのかなと。今日もループでしたが、今までなら下を狙ってGKに当ててしまっていました。そこを落ち着いて決められたのは、彼の本来の能力。こういう勝たなければいけない試合で、あの仕事ができたということは、彼にとってもチームにとってもプラスになります。

──刈込選手の状態について。
耳がちぎれてしまいました。多分酒井(遼太郎)選手と並走していたときです。ただ、お互いに負けたくない気持ちがあった中なので仕方ないですし、しっかりと処置をしてもらって、幸いにも二週間空くので、次の試合に臨めたらいいなと思います。パワープレーの部分では、彼はパワープレー返しがうまいですし、(内村)俊太、(植松)晃都、元気のセットになったときはしっかりとゲームをコントロールしてくれるので。(会見場で隣の空席を指差して)ここにいてくれないと寂しいですし、いじれないのでね(笑)

──改めて今シーズンはどこを目指して戦って行くのか。また、それはどの程度できているのか。
正直に、アジア選手権に行きたいと思っています。チームとしてそれを掲げてやっていて、そのためにはリーグ戦での優勝が必要です。そこを目指そうとやってきて、まだまだ力が足りないのか。相手も対策をしてくる中で、(開幕戦の)浦安戦で躓いてしまったところが、選手たちの精神的ダメージを大きくさせてしまったのかなと思います。そのままずるずると来てしまった部分もあります。アジア選手権、リーグ1位を考えるとき名古屋がこれからそれほど負けるとは考えられません。正直に厳しいとは思いますが、一つでも多く勝ってそこに追いつく。その中で結果として3位に入ることはあると思います。現実的には(目標は)プレーオフになってくるのかなと。今日のような試合ができていれば、正直に3位以内に入ることはできると思います。これがコンスタントにできるか。去年は悪い中でも勝てていました。今年は悪いときに勝てていないので、これからどうかというところです。選手たちはこの試合で自信をつけたと思うので、次のすみだ戦でどう出るかが今後に繋がると思います。

刈込真人(湘南ベルマーレ)
※試合中の負傷により会見は欠席

Bitnami