SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.06.16

【F1第1節/北海道×立川・府中】見せた、ベテランの意地!「2点返したことはポジティブに評価したい」(小野寺隆彦監督)

PHOTO BY本田好伸

6月16日(土)に開幕したDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、エスポラーダ北海道は立川・府中アスレティックFCに2-6で大敗した。

昨シーズンの主力選手を含む8選手が退団し、セレクションを経てフレッシュな選手が8人加入した北海道は、前半に4点を献上して後手後手の展開に。水上玄太と鈴木裕太郎のゴールで最後に意地を見せたものの、開幕戦で勝利を収めることはできなかった。

ベテランが意地を見せたが2-6での敗戦となってしまった。

若い選手が逞しくなることは間違いない

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

なんとしてでも、勝ち点を取るために積極的にディフェンスからチームのリズムを整えていこうと試みましたけど、残念なから前半で失点は4と、こういうところで試合を進めていくには厳しいチーム状態なのでこの結果に関しては見直さなければいけないなと思います。後半に関しては最後にベテラン勢含め、0発で終わってしまう、そんな悲しいことはないので、その中では一生懸命戦い抜いてくれて2点返したことはポジティブに評価をしてあげたいです。レベル的には残念な試合内容でしたがチームが一戦一戦、戦う中で強化していきたいなと思います。

──カウンターが狙いだったと思いますが、ボールの取りどころはどこでしたか。

ファーストディフェンスから方向付けをしっかりして、サイドで追い込んでボールを取るというトレーニングをしていましたが、ファーストディフェンスで方向付けも決まらず、左右にどんどんボールを出され、ピヴォにボールをどんどん当てられ取りどころを明確に見つけられなかった。ただ、ピヴォには当然のことながら長いボールが入ってくるのでそこでのフィクソの仕事がありながらどうしても入れられてからディフェンスをしてと、後手になってしまったのでなかなかこれは戦えないなというところでした。

──若い選手を後半は使いませんでしたが、今後チームを強化するためにどのように使うか。

Fリーグのレベルにはまだまだ足りないところはありますけど、練習と試合を通して逞しくなることは間違いないので、うまくいかない時はあると思いますがこれからも使っていきたいと思います。

三浦拓(エスポラーダ北海道)

リーグが始まって、先制点が大事な難しい試合になると思っていました。先制され、失点が続き、自分たちで難しいゲームにしてしまったと思います。個人的にも入りの部分で自分が鼓舞できなかったことは反省してますし、このようなプレーではチームを勝利に導くことは難しいので、改善して、来週のホームゲームで何としても勝たなければいけないですし、1週間いい準備をして臨みたいと思っています。

──GKとして後ろからどこを抑えようとしていたか。

抑えようというよりは、やりたいディフェンスができなかったです。でも自分たちはそのディフェンスをやってきたのでそこを続けてやっていくしかないと声掛けをしていましたが、上手くはまらず後手に回ってしまったのでそこが敗因と思います。僕たちはディフェンスでリズムをつくっていかなければいけないチームなのでそこではまらなかったことが敗因だと思います。最後はベテラン勢が踏ん張ってくれて点を取ってくれましたが前半の入りが良くなかったことが後半に響いた印象です。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

▼ 関連記事 ▼

Bitnami