SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.06.16

【F1第1節/浦安×湘南】開幕戦から喝!!「置きにいった試合は面白くない」(奥村敬人監督)

PHOTO BY本田好伸

6月16日(土)に開幕したDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで湘南ベルマーレはバルドラール浦安と対戦し、1-3と逆転負けを喫した。

前半にロドリゴのゴールで先制した湘南だったが、同点とされた後の37分には浦上浩生が2度目の警告で退場となる。その2分間で逆転を許すと、パワープレーに入るが逆に失点を喫して黒星スタートとなった。

選手たちの姿勢に苦言

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

改めて自分たちが強くないんだなと再確認させてもらった試合でした。浦安は素晴らしかったですし、自分たちがやれていないわけではないですが、リーグはそんなに簡単ではありません。去年も苦戦してなんとか逃げ切った試合がたくさんありました。そう行った紙一重の部分で今日は自分たちのところに転がって来なかったんだなと思います。(会見に出席した刈込真人が)暗い顔していますが、チームとして全員でやっているので、誰が外したとかではなく、その前にもっとチャレンジできるシーンがありました。開幕戦ということで大事、置きに行った試合、安全なことしかやれていなかったです。もっとゴールに襲い掛かるし姿勢があったら違った展開だったと思います。その部分は開幕戦なので仕方ない部分もあります。負けるのは怖いですし、引き分けでも去年の成績を考えたら苦しい部分があります。しかしそうではなく、常にチャレンジする姿勢を持たないと、こういうことになってしまいます。勉強させてもらった浦安には感謝したいなと思います。まだまだ長いシーズンで、これからいろいろなことがあると思いますが、チャレンジして行きたいです。置きにいった試合はしたくないです。全然面白くない。僕も選手たちを信頼して出していますが、安パイでプレーする選手は見たくないです。その部分でもう一度考え直す意味では、すごく勉強になったし選手たちも感じたと思います。

刈込真人(湘南ベルマーレ)

開幕戦ということで選手も緊張感というよりやる気に満ちていましたが、監督が言うように試合の中で負けてはいけない不安な気持ちから、横パスや勝負所で勝負しなかったり、逃げたプレーになってしまったのかなと思います。その結果が、最後パワープレーで、僕がポストに当てたシーンに現れたのかなと思います。リーグ戦が始まって、一試合目なのでこの負けをどこかで取り返さないといけないと思うので、また練習から安パイのプレーがないようにやっていきたいと思います。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

▼ 関連記事 ▼

Bitnami