SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.21

【日本代表候補合宿/8月21日】手術を経て2月の AFCフットサル選手権後、初召集された代表不動のGK。「今は80%から85%ぐらいのパフォーマンス」(町田 ピレス・イゴール)

PHOTO BY軍記ひろし

8月21日、昨日に引き続き武田テバオーシャンアリーナで日本代表のトレーニングキャンプ2日目が行われた。

オフシーズンに指の手術をして先月の第5節・Fリーグ選抜戦で復帰を果たしたピレス・イゴールは2月のAFCフットサル選手権後、初めて代表のトレーニングキャンプに参加した。

半年ぶりの代表活動についてや、2年後40歳で迎えるワールドカップについての思いに迫った。

ワールドカップに出ることは僕の夢

──午前中の練習を終えて、感想をお願いします。
午前はすごく激しく、強度が高かったです。トレーニングでは4対3やカウンターなどの準備をして、集中してすごくいい練習だったと思います。

──2月のAFCフットサル選手権後、初めての代表活動ですが久しぶりの代表活動はどうですか。
とても嬉しいです。アジア選手権後、指を手術してから4カ月が経って、(試合に)出られることはとても嬉しいですね。これからも代表に入れるようにリーグ戦でも、もしまた代表に入ったらもっともっと良いプレーしたいです。

──手術をしてコンディションはもう万全なのでしょうか。
まだ100%ではなくて少しずつ上げているところです。今はたぶん80%から85%ぐらいのパフォーマンスでやれています。まだまだ上げていきたいと思います。

──2年後のワールドカップでは40歳になっていますが、ピレス・イゴール選手が選ばれるためにも今のうちからなにをやるべきなんでしょうか。
ワールドカップのときには40歳になるので、これから身体のケアもしっかりして、食事もしっかり食べるということが大事になってきます。ずっと激しい練習をやらなければいけないですけど、できればいつも100%で練習をやりたいと思います。ずっと上のレベルでプレーしていくためには100%で良い練習をすればたぶん、良いコンディションになると思います。

──ワールドカップに出場できる手応えはどれほどありますか。
あります。ワールドカップに出ることは僕の夢ですね。毎回チャンスをもらえるように110%を目指して2年後に向けてトレーニングをしていきたいです。40歳の時、良くなってるのか悪くなってるのかどうなっているのかわからないですけど、毎日毎日の練習で(パフォーマンスが)下がらないように、いつもハイパフォーマンスでやれたらいいので毎日の練習からしっかりと取り組みます。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami