SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.25

【F1第10節/浦安×仙台】手応えを感じ饒舌に「もう半分は日本人」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月25日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第10節が浦安市総合体育館で行われ、ヴォスクオーレ仙台はバルドラール浦安とのアウェイマッチに臨み4-2で勝利している。

前半に失点を喫して試合を折り返した仙台だったが、後半は一転。21分にセットプレーから内野脩麻がネットを揺らすと、22分には流れるようなパスワークから再び内野がゴールを奪う。これで勢いに乗った仙台は34分には藤山翔太が追加点を奪った。

3-1とした直後に浦安がパワープレーに出ると、36分に小野寺那央がパワープレー返しから4点目を奪取。その後1点を失ったが、終盤には堀内迪弥がうまくボールをキープして時間を使い終了のホイッスルを迎え2連勝を飾った。

同胞にエール

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

選手を褒めたいと思います。良い試合になったと思います。守備はすごく準備できていて、我慢強く、練習通りにできました。最後に守備から勝利につながったと思います。準備などの面は、昔はできていなかったですが、今日はそれができた試合でした。守備がにうまくいけば、攻撃の部分でどういう感じでボールを回すか、そのボースの回し方がはっきりわかっています。少しずつ成長が見えてきています。

──パワープレー時にGKを交代したがその意図は。
練習から話をしていて、税田(拓基)はシュート(力)がある選手で、チャンスがあればそのままシュートに行けるようにと話しています。パワープレーの守備、攻撃、全てしっかりと話をしているので、その中で交代などがあった

──同じスペイン人であるアルベルト・リケル監督の印象について。
私は仙台で4シーズン目になります。彼が今感じていることは、私も日本に来た時に同じ気持ちになりました。日本の文化、どういう生活したら良いかを少しずつ学んでいる段階です。アドバイスとしては、継続して自信を持ってやり続けてくださいということ。日本は、監督のやりたいフットサルを継続できる国です。継続したら結果につながると思います。ただ、私はもう半分日本人になっています。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami