SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.03

【F1第11節/町田×浜松】第一クールは1勝に終わり「Fリーグでプレーする意味がない」(浜松 松浦勇武)

PHOTO BY軍記ひろし

9月2日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第11節が行われ、アグレミーナ浜松はアウェイでペスカドーラ町田と対戦し、2-7で敗れた。

立ち上がりから連続失点を喫した浜松は4点差とされた前半終了間際に鷲北一輝のゴールで1点を返す。しかし後半も立て続けにネットを揺らされると、松浦勇武が一矢報いるが大差で敗れた。この結果、浜松は第1クールを1勝1分け9敗で終えている。

守備を徹底して失点を減らす

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

前半も後半も立ち上がりがばたついてしまい、ゲームが作れない流れでした。良い時間もありましたが、スタートで連続失点するとゲームとしては難しかったです。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

試合が終わってすぐで冷静な分析はでいないですが、第一クールが終わってこの成績は、去年とは違うというか、その中で選手としてはネガティブになってしまいます。どうしたら、どこを改善したら、心当たりが多くありすぎて、そういうメンタル状況です。それでも応援してくださる方はいますし、僕たちは監督についていくだけです。試合の入りの部分で、自分ところもそうですが、イージーなミスやマークミスを起こしているところなくさないと勝てないことはわかっています。ただ、町田さんや開幕戦の名古屋戦など隙を見せないのが強いチームの証だなと。プラスアルファでそこができないと、最低限のベースを持って第二クールはやっていかないとFリーグでプレーする意味はないです。試合が終わってブザーがなった瞬間にそう思いました。

──第2クールで気をつけて行くべきところは。
トレーニングは相手に合わせた自分たちの戦術や対策を練っています。今日で言えば、後半は相手の足が止まった中で上手く守備をはめることができていたと思います。それを前半からやる。それを最低ベースにして、自分たちの自滅で失点しない、マークミスで失点しない。流れを崩して失点する苦しい状況にすることが多いので、そこは減らさないと、改善しないといけないです。また、第一クールは得点が取れていないので、その分守備を徹底して失点減らすことが大事です。そこあたりを最低限やる必要があると思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami