SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.09

【F1第13節/大分×浜松】大分が昨日の敗戦の悔しさを晴らす!「ファン・サポーターが来てくれて応援してくれた結果」(大分 上福元俊哉)

PHOTO BY軍記ひろし

9日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドの最終日・第1カードが行われた。

前日の試合ですみだに敗れ、今季初の連敗中のバサジィ大分はアグレミーナ浜松と対戦した。互いに一進一退の攻防を繰り広げた展開になり前半を終えた時点でスコアは0-0。だが、後半31分にレイチがゴールを決めてゲームの均衡を破り、直後の33分に追加点を挙げる。しかし37分に失点してしまうと相手を勢いに乗らせてしまう。それでもパープレーをも凌ぎ2-1で大阪ラウンドを1勝1敗で終えた。

改めて2日連続でやることが難しい

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

2つあって、1つは改めて疲れたなと。やはり改めて2日連続でやることが難しいです。選手の方が大変ですけど監督も移動も含めて難しいのかなと感じました。もう1つは、大阪ラウンド一勝一敗で昨日は非常に悔しい敗戦だったので、その負けを取り戻せるかは今日のゲームではなく来週のホームでのヴォスクオーレ仙台戦で勝つかどうかなので、もう一度話しながら連勝目指して頑張っていきたいです。

上福元俊哉(バサジィ大分)

昨日、大差で負けてしまって結構きつい中で選手たちも一丸となって戦った結果だと思います。あと、ファン・サポーターが来てくれて応援してくれた結果だと思っています。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami