SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.09.09

【F1第13節/すみだ×湘南】PKと第2PKを決められず……。「『大薗が決めれば勝ったね』というところまで来た」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月9日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンド最終日が行われ、第2試合に登場したフウガドールすみだは、湘南ベルマーレに0-1で敗戦した。

3連戦の中で迎えた一戦。立ち上がりから両チームともに素早い攻撃を見せるが、オフェンスのエラーが目立ち決定機を作れない。それでもすみだは10分にPK、20分に第2PKのチャンスを迎える。しかしどちらともにキッカーを務めた大薗諒のシュートがが決めきれず。前半は0-0で終えた。

後半も同様になかなかゴールが決めきれない展開の中、31分に失点。すみだは38分から中田秀人をGKに置いたパワープレーを開始したが1点が遠く試合は終了。連勝が3でストップしたすみだは、共同開催大阪ラウンドを1勝1敗で終えた。

大薗はクラブを代表する選手、日本代表にも入っていける

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

前半は、湘南のコンディションが良くて、自陣で進めるゲームが多かったのですが、後半は攻撃のところを少し修正して、自分たちがボールを持つ時間を作れて、チャンスも作れていました。ハーフタイムで修正したことを体現して、自分たちでゲームを動かす力がついてきたのかなと。ここで負けて終わりということではなく、しっかりと評価しながら、また次につなげていきたいです。

──勝敗を分けたPKと第2PKの失敗がありました。キッカーの大薗諒選手にはどんな声をかけたのか。
PKは、僕の中では試合の一部に過ぎないと思っているので、試合直後に細かいことを伝えるよりも、大枠での修正点の中で、PKのことにも触れたいなと。今日の試合は、試合中は忘れるしかないので、次に頑張ろうと。ああいう(PKを失敗してしまうなどの)シーンは誰でも訪れることですし、PKは、当然ですが相手のフィウーザが素晴らしいこともあります。なので難しい評価ではありますが、彼はゴールを決めることでチームを勝利に導きたいという気持ちを強く持っている選手なので、その回数を多く作ることでエースになっていけるのかなと思います。彼自身、そこを目指していると思うので、今日のような場面で試合を決めるプレーを重ねることで、クラブを代表する選手、日本代表にも入っていけると思います。

彼には期待していますし、課題は明確だと思うので、思い切りやってほしいなと。ただ(試合を決められなかったといった)その部分に目を向けがちですが、1年半前にうちに来たころは、守備などの基本もまだあまりできていなかったですし、この1年で、マンツーマンなどの距離感の修正が難しい中で、ベースが上がったと思います。だから「大薗が決めれば勝ったね」という(ところまで来た)という見え方もできるので、この1年ですごく進歩したのかなと。まだ22歳で若いですから、これから自信を持ってプレーできるように、前向きにやっていきたいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)
今は非常に守備がいいので、今日もロースコアになることは予想していました。その中で、その1失点にも目を向けないといけないし、点を取れていないところにも目を向けてやっていきたいです。

 

▼ 関連記事 ▼

Bitnami