SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.09

【F1第13節/大阪×立川・府中】大阪ラウンド2連勝の立川・府中「これを継続して次のゲームへ」(立川・府中 谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月7日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。最終日の9日(日)第4試合で立川・府中アスレティックFCは、シュライカー大阪と対戦し4-3で勝利した。

前半2失点を喫した立川・府中はそのまま試合を折り返して迎えた26分、ジョーがテクニカルなヒールシュートを決めて1点を返す。その後、再び2点差とされたが、内田隼太が連続ゴールで同点に。迎えた40分には渡邉知晃のゴールでついに逆転すると、最後は相手のパワープレーを凌いで試合は終了。府中が共同開催大阪ラウンドを2連勝で終えた。

1日の休みがアドバンテージに

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

セントラルの2連戦は常に勝ち点の動きの影響が大きい試合です。2連勝がどのチームも必要になってきます。その中、僕らにとって今回はプレーオフを争うであろう湘南と大阪との試合でした。勝つか負けるかで今後のプレーオフ争いに影響してきます。勝たなければいけない試合を、選手たちは文字通り死ぬきで戦って勝ち点を取ってよかったです。前半は注意しようとした攻守の切り替えで相手に上回られて失点をしています。勿体無い失点から苦しくしたなと。基本的にこちらも悪くなく、一瞬の集中力が途切れる場面があったなと。40分間継続して、お互いにミスをカバーしあえる状況を作れていませんでした。その部分を改善できるかがポイントで、ハーフタイムの指示。何かを大きく変えることはなく、試合前に伝えたことを再確認しました。後半は切り替えてやってくれました。少し大阪を庇うとすれば、僕らには1日の休みというアドバンテージがあったので、そこが影響したのかなと。ただ、逆の立場もあり得る話です。ピッチに立てばハンデなしの勝負になります。それに相手は2点をリードしていました。気持ちの部分、プレーの部分、ゲームの中で変化をつけられるチームが強いチームの1つの要素です。そういうものが付いて来ているということは、少しずつ若返りを図っているチームには大きいことです。これを継続して次のゲームに臨みたいと思います。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

苦しいゲームでしたが、最後まで諦めずに戦った結果が、良い結果に転がったと思います。ゴールは意図した形はなく、相手のミスからの得点が多かったです。そこも含めて、最後まで諦めずに戦ったことが要因です。こういう試合を続けていくしかないのかなと思います。ただ、常に2点差の試合状況になってしまいました。ゴールをこじ開けられないような展開になっていましたが、その部分に関しては、それでも得点が取れるように成長させていきたいと思います。簡単に失点しないようにもしていかなければいけません。リーグ戦はまだまだ続いていくので、優勝できるチームを作れるようにまた頑張っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami