SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.09

【F1第13節/北海道×町田】復活の森岡薫!! キャプテン交代で好転か「自分の仕事に専念できるということでよかった」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月7日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。最終日の9日(日)第5試合でペスカドーラ町田は、エスポラーダ北海道と対戦し3-1で勝利した。

町田は11分にクレパウジ・ヴィニシウスのゴールで先制に成功する。直後に失点して同点とされたが、15分に森岡薫が個人技からゴールを奪取。18分にも森岡がゴールを奪って、前半にリードを2点として試合を折り返した。後半はゴールこそ生まれなかったものの、危なげない試合運びを見せて終了のホイッスル。町田は共同開催大阪ラウンドで2連勝を飾った。

3-1も織り交ぜて戦った

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

思うように得点は奪えなかったですが、終始集中して一定の質は保てたと思います。ある程度満足しています。ただ、どの試合もそうですが改善点はあるので、また練習から取り組んで行きたいと思います。

──北海道のマンツーマンに対して、クアトロで崩せていないと感じましたが。
最初はあまりうまくいかないというか。ミスが出たわけではないですし、キープできていました。体のサイズの問題もあり、ピヴォでキープできていたので3-1の形を増やしたほうが良いかなと思って織り交ぜてやっていました。クアトロを継続していればチャンスも作れたと思います。3-1の時間が両セットともに長かったですが、そこはクアトロにこだわらず、状況次第でシュートまで持っていければ問題ないです。そんなにネガティブな印象はないです。決定機の数で言えばそこまで多くないですが、普通のチャンスはそれなりにありました。工夫は必要ですが、クアトロの部分でネガティブなことはないです。

──流れの中で噛み合わせを見てピヴォを置いた戦いに変えたということか。
最初にヴィニシウスがキープできていたので、それでフォーメーションを変えました。その中で(ピヴォが)降りた時などにクアトロを織り交ぜてやっていました。

──森岡薫選手がキャプテンを変わって、今日は2ゴールを奪いましたが何か関係があると感じているか。
もしかしたらあるかもしれないです。そこで自分の仕事に専念できるということでよかったと思います。薫も良いキャプテンでした。良いコメントができるので、鼓舞して盛り上げて。ただ、人が言うことなので似たようなこともいいがちになります。慣れて来たことで別の人がキャプテンになる。ダニエル(・サカイ)が言うと新鮮で指揮も上がりますし、薫にとってもチームにとってもダニエルにとっても良い流れを作れていると思っています。

金山友紀(ペスカドーラ町田)

とにかくここに2連勝しにきました。去年は少し取りこぼしというか、下位のチームに勝ち点が取れなかったです。そういう部分で勝ちきることができてよかったと思います。内容に関してはもっと高めなければいけないです。今年は新しいチームでスタートして、新たな選手加わりやっています。第2クール、第3クールはしっかりチームを作り上げていければ良いなと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami