SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.09.30

【F1第15節/立川・府中×大分】仁部屋復帰戦は黒星も「フットサルの魅力が溢れた試合だった」(大分 伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月30日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第15節が行われ、バサジィ大分は、アウェイで立川・府中アスレティックFCと対戦し、1-2で敗れている。

前節終了時点で勝ち点28で並ぶ3位、4位による上位対決となった今回の一戦。アグレッシブにプレスを仕掛けていく大分だったが、12分にセットプレーから失点して前半を終える。

後半も高い位置からボールを奪いにかかるが、チャンスを決めきれず。すると28分には2点目を失った。終盤にはパワープレーに移行すると、この流れから田村研人がゴールを奪うも反撃はここまで。追い上げを見せたが惜しくも敗戦となった。

足りなかったものは明確

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

まずは素晴らしいゲームができたんじゃないかなと思っています。お客さんが喜んでくれるゲームが、僕らは一番良いゲームだと思っています。トラジション、ゴール前の攻防、高い技術、パワープレー。その全てがフットサルの魅力だと思っています。点数は3点しか入りませんでしたが、そういう魅力が溢れたゲームだったと思っています。結果が伴わなかったですが、悪いゲームだったとは思っていないですし、足りなかったものも明確なのでこだわってやっていきたいと思います。

──この試合から仁部屋選手が復帰を果たしたが、彼に求めているものは
最後のフィニッシュを求めています。まだ練習を始めたばかりですが、そういう最後のクオリティを示せるような選手です。ケガ(をする危険性)など考えると使わないことも考えましたが、使いながらコンディション上げて行く。そうすれば、最後の30秒くらいで2、3点取ってくれるんじゃないかなと。大事なときに点を取ってくれると信じています。使いながらコンディションを上げていこうと考えています。

上福元俊哉(バサジィ大分)

相手が決めるところを決めて、こちらは決められなかったのがこの結果になったと思います。残念です。悔しいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami