SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.08

【F1第16節/立川・府中×浜松】チャンスを作りながらもゴールが遠く…「決断力、決定力が足りていない」(浜松 豊島明監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月8日(月・祝)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第16節が行われ、アグレミーナ浜松はアウェイで立川・府中アスレティックFCと対戦し0-3で敗れている。

敵地での一戦に臨む浜松は、8分に日永田祐作がネットを揺らす。しかし直前のプレーでファウルを取られていたためノーゴールとなった。その後も良い流れで試合を進める浜松だったが13分に失点。ハーフタイムにかけてもチャンスこそ作るが、ゴールを奪えないまま後半を迎えた。

まずは同点としたい浜松だったが、22分に失点を喫すると25分にはアクシデント。前鈍内マティアスエルナンが相手選手へのスライディングで警告を受けると、この判定に激昂。2度目の警告を受けて退場となる。浜松は数的不利の時間帯にさらに失点を喫すると、試合終盤はパワープレーに出たがゴールは遠く。チャンスこそ作っていた浜松だったが、無得点での敗戦となった。

得点を取れなかったことが全て

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

最初に色々ありましたが、結果的に自分たちが決めるべくところで外して負けた試合です。失点もありますが、得点を取れなかったことが全てだと思います。

──後半には銀島壮志選手や磯田剛志選手が良いパフォーマンスを見せていたが、彼が出場機会を得るためにはまだ時間がかかるのか。
実際にトレーニングからのパフォーマンスからすると、まだまだ出場時間を個人で勝ち取るためにはもう少しレベルアップ、スキルアップをしていかないと、今一歩ベテラン勢に絡んでいけないのかなと思っています。それが正直なところです。

──残留争いを抜け出すために必要なことは
最初に言いましたし、前回の府中戦もそうでしたが、接戦はできますがゲームを自分たちのペースに持っていけない要因の1つに得点力。まずはそれが足りていません。ただ、ポジティブに捉えてシュートチャンスがないわけではありません。試合を決定付けるのは個人です。個人の最後にシュートを打つという決断だと思います。そういう決断力、決定力がチームとして足りません。ただ、僕が言えるのはそこまでの過程は作れているということ。それを1つでも2つでも沈めていく個人の力。個人の決断力。そういう部分がまだまだ足りていません。今日観ていてもわかると思いますが、シュート数に関しては前半も後半も変わりません。そこを決めるか決めないかて、セットプレーの精度も含めて。決して守備や攻撃が悪いわけではなく、僕たちは勝負をしているので、どう決定付けるか。そこを、選手一人一人が取り組んでいくしかないと思っています。全てが悪いというようには捉えていません。そこを1人でも打開できる選手を待っている状況です。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami