SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.18

世界を驚かせた“フットサル界のヤングなでしこ”。メダルの色を銀から金にするために必要なことは?

PHOTO BY本田好伸

金メダルまであと一つ

金メダルには、あと一歩届かなかった。だが、世界の舞台で放った輝きは、間違いなく金メダル級だった。

アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた第3回ユースオリンピック競技大会。女子フットサルの決勝戦で、U-18女子日本代表は世界一をかけてポルトガルと戦った。準決勝では強豪スペインに先制されながらも逆転して決勝進出を果たした。あと一つで金メダル――。決勝の相手は、グループリーグ最終戦で0-2で敗れたポルトガルだ。

「リベンジするチャンスがきました!楽しみ」(横山凛花)

「最後の試合、悔いの残らんように全力で楽しんできます!」(前田海羽)

「勝てば世界一。全力でプレーし、この最高の舞台を楽しみたいと思います!」(荒井一花)

「最後、さいっこうの舞台をさいっこうに楽しむ!」(宮本麻衣)

「ラスト1試合。今大会で1番いいパフォーマンスが出来るよう頑張ります!」(山川里佳子)

試合前に選手たちが投稿したSNSのコメントからは、18歳以下のオリンピックの決勝という、二度とない舞台を戦えるのが楽しみで仕方ないという様子が溢れていた。

継続的な強化ができる環境を

日本は立ち上がりに失点してしまう。ポルトガルの選手が自陣から蹴ったロングボールが、そのままゴールネットを揺らしたのだ。キックオフからわずか8秒後の出来事だった。

9分にも決められ、早くも0-2。さらに15分には3失点目。ポルトガルのゴールは3点ともに、今大会でゴールを量産しているエースのフィフォだった。

「スペイン戦でも1点とられてから勝っている。でも、このままじゃ勝てない。みんな怖がってしまっている。気持ちを切り替えよう。まだ30分ある。やらないと!」

木暮賢一郎監督は0-2となった後にタイムアウトをとってアグレッシブにプレーすることを求めた。ポルトガルの選手は日本であれば打ってこないような場所からでも、正確かつ強烈なシュートを飛ばしてくる。1、3失点目では、シュートを打った選手に十分に寄せ切れていなかった。

後半が始まってすぐに失点したが、日本は山川里佳子がゴール前でタイミングをずらすシュートを決めて1点を返す。ラスト5分、日本はGKがFPの選手に代わって5人全員で攻撃するパワープレーを仕掛ける。うまくいけば大量得点も見込めるが、最後までポルトガルの集中した守りは崩せなかった。

金メダルとはならなかったものの、大会までの準備期間の短さや、欧州の強豪の実力を考えれば、銀メダルは大健闘と言っていいだろう。何よりも日本フットサルの未来を担う18歳以下の選手たちが、世界一をかけて真剣勝負をしたことの重みは計り知れない。

世界2位になった今回のチームが活動したのは大会前のみだった。つまり、単発的な活動ではなく、継続的な強化を行えれば、なでしこジャパンのように世界一になる可能性は十分にあるといえる。このユースオリンピックが一つのきっかけになって、女子フットサルの環境整備につながることを強く願う。

【U-18フットサル日本女子代表メンバー】
スタッフ
監督:木暮賢一郎
GKコーチ:内山慶太郎
フィジカルコーチ:下地達朗
GK
1 須藤優理亜(Laufen)
2 小林望月(福井丸岡RUCK)
FP
7 宮本麻衣(京都精華学園高)
5 追野沙羅(Laufen)
3 横山凜花(福井丸岡RUCK)
6 荒井一花(福井丸岡RUCK)
10 池内天紀(福井丸岡RUCK)
4 前田海羽(福井丸岡RUCK)
9 山川里佳子(福井丸岡RUCK)
8 安部美楽乃(十文字高)

▼ 関連リンク ▼

Bitnami