SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.11.23

【F1第23節/浜松×湘南】今季初の8得点での勝利。「刈込が決めてくれたら9点でした(笑)」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催 浜松ラウンドの初戦が行われ、湘南ベルマーレはアグレミーナ浜松に8-2で勝利した。

湘南は開始1分、右サイドを突破したロドリゴのシュートが相手に当たって先制点を奪うと、その後、同点に追いつかれたものの、10分にコーナーキックから勝ち越し。さらに植松晃都、本田真琉虎洲、大德政博が決めるなど、相手を崩して試合のペースを手にした。

後半早々に失点したものの主導権を渡すことはなく、その後も、刈込真人、小門勇太、本田が決めて勝負あり。今シーズン初の8ゴールを挙げる快心の戦いで連勝を収めた。

勝ちながら反省して次に迎える

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──今日の試合を振り返って。

浜松開催は初めてですが、素晴らしい雰囲気でできたことが嬉しいですし、来てくださった方に感謝したいです。ありがとうございます。試合は8-2でしたが、大味というか、1-1の状況で相手が取っていればどうなったかなと思える内容でした。こちらもディフェンスのマークエラーが多くて、相手の決定力不足に助けられました。ただプレーオフ争いで負けられない中で、40分、スコアで上回っていたことや、今シーズン初の8得点を取れたことが良かったです。(記者会見で隣にいる)刈込(真人)が最後に決めていれば9点でしたけど。それにこの前の仙台戦でも取ってくれていれば。ただ、勝ちながら反省して次に迎えるのはチームの成長を感じられると思います。まずは1つ勝って、明日の町田戦に臨めます。今日、勝たないと何も語れなかったので。前回の平塚での対戦で悔しい思いをして、選手もスタッフも、サポーターもスポンサーも全員が悔しい思いをした試合だったので、プレーオフ争いもそうですけど、クラブとしての、地域としてのプライドをかけて勝ちにいきたいと思っています。

──内村俊太選手がベンチで1秒も出ませんでした。

察してもらえたらと……。いたら使いたいところでした。明日、どうなるかというところですね。今日はできれば使いたくないなと思っていたので、選手がそういう状況にしてくれたことに感謝したいと思います。

──大德政博選手の起用法について。最初は前線での起用かと思いましたが、後からのセットでは、小門勇太選手と併用していて、バランスを取りながらやっていた。ゴールシーンも含めて、後ろから上がっていく。彼に求めていることは?

大徳はスピードがあるので、後ろからドリブルを仕掛けたり、パスを出したり、ワンツーを狙ったり、スペースを使うことが持ち味なので、今日はピヴォ当てから打ちにいって、お手本のような形でした。彼の思い切りの良さというか、迷わずにシュートにいってくれるところ。今日は小門と出たり、林田フェリペ良孝、ロドリゴと出たり、スピードでどんどん相手を剥がしていくセットの使い方もあります。オプションが増えたというか。小門がいるときはピヴォを狙ったり、いないときには早く行くとか、相手に的を絞らせないような、守っていて嫌な感じになる。そういう流れになると思うので、今日はうまくハマったのかなと。試合によってですけどね。次はまた相手も対策してくるのでどうなるかはわからない。また違うオプションも考えないといけない。大德は毎朝、練習の前にフットサルコートで朝練をして、シュート練習をしています。そういった目に見えない努力とかも今日のシュートにつながったと思います。この前は、リハビリをして復帰した浦上(浩生)が復帰ゴールを決めてくれたり、努力が報われたというか、嬉しいですね。

刈込真人(湘南ベルマーレ)

──今日の試合を振り返って。

今日負けたら次はないという状況で臨んだので、試合をこなしていくうちにどんどんチームが一つに慣れていることを感じていて、昨シーズンの全日本選手権がすごくまとまっていて、みんなすごく楽しくやれていたのですが、その雰囲気に少し近いてきたかなと感じています。それを明日の町田戦にもぶつけたいですし、この間の平塚開催で悔しい思いをしているので、プライドとプライドのぶつかり合いだと思うので、負けないように、準備と気持ちを高めて臨みたいと思います。

 

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami