SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2018.11.23

【F1第23節/すみだ×浦安】主導権をつかめないまま敗戦。「今日は浦安が素晴らしいプレーをしていた」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催 浜松ラウンドの第2試合目が行われ、フウガドールすみだはバルドラール浦安に2-4で敗戦を喫した。

すみだは立ち上がりの2分に宮崎曉のゴールで先制したものの、相手の2本のセットプレーで11分に逆転を許してしまう。さらに12分、14分には立て続けにカウンターから失点。18分に鮮やかな連係から栗本博生が1点をもぎ取ったものの、前半を2-4とビハインドで折り返した。

後半に入っても、戦況を打開できないすみだは34分から岡山康平をゴレイロに替えてパワープレーを開始。さらに37分には大薗諒をゴレイロにして攻め込んだが最後までゴールをこじ開けられず。試合は前半からスコアが動かずにタイムアップを迎えた。

お互いが自分たちの哲学を出し合った

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

浦安との試合はいつも、お互いが自分たちの哲学を出し合った上でどういう結果になるかという戦いになります。今日は彼らが立ち上がりから素晴らしいプレーをしていたと思います。その時間帯で失点を重ねてしまったことが、このゲームを難しくしてしまった一つの要因かなと。フットサルは相手がよければ勝てないスポーツでもあるので、今日は相手が素晴らしかったので彼らをたたえて、僕らは切り替えてやっていきたいと思います。

──序盤からリスクを掛けた選択が目立った。それによってカウンターからの失点もあった。どうしても負けられないという気持ちから攻めの意識が強かったということか。

そこも含めて浦安が素晴らしかったと思います。やはり自分たちは、いかに怖い攻撃をしていくかを一つの哲学にしていて、ボールを追い越していく、そしてボールより高い位置にどんどん抜けていって数的有利を作ることを大事にしています。逆にいうと、そこをうまく抑えられる、もしくは(相手GKの)藤原(潤)選手の素晴らしいキャッチがあったりすると、当然カウンターを食らってしまうリスクは常に背中合わせでやっています。

先週はそういう形で府中から素晴らしいゴールを奪っていますし、そこについては、いいとこ取りはできないなと思っています。加えて、この試合は順位が下の相手なので、自分たちからゲームを動かさないといけない相手だという立場を意識していました。なので立ち上がりからリスクマネージメントしすぎて、試合終盤になって後悔が残るような試合はしたくないなというマインドがあったので、積極的にセットプレーも、システム攻撃でもリスクを掛けてプレーしました。

そのあとのカウンターも、相手の攻撃の部分でも、相手が上回ったなという印象です。逆にいえば、彼らも同じようにリスクを掛けてきたと思いまうし、立ち上がりからカウンターでのビッグチャンスがお互いにあったので、そこをどう制するかというところで彼らが主導権を握ったのかなと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

プレーオフへ向けて絶対に勝たないといけない試合でしたが、相手の脅威であるセットプレーに最初にうまく対応できなくて悔しい結果になってしまいました。明日すぐに試合があるので、切り替えて頑張りたいと思います。

 

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami