SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア

【激レアさんが教える2020W杯リトアニアの歩き方③】フットボールの二毛作!? ウォッカは水!? リトアニアのフットサル事情とウォッカ

PHOTO BY丸山龍也

──リトアニアでもフットサルのリーグは開催されていますか?

それはわからないですね。見た記憶はありません。ただ、選手がサッカーのオフ期間にフットサルの大会には出ています。それはFリーグのようなしっかりしたものではなくて、日本だと関東リーグや都道府県リーグのようなイメージですかね。サッカーも上の方はプロっぽいですが下のチームはセミプロですし、その中でフットサルが競技としてエンタメとしてよくてやっているような感じはありません。なので、なぜリトアニアに決まったんですかね(笑)。

僕も体育館でフットサルしたことがあるんですが、(普通の体育館だと)ピッチがキュッキュって鳴らないんです。シャリシャリでした。ボロボロの体育館でしたし、砂も入っていましたね。なので、日本のようにやっている感じはしません。体育館のスポーツというよりもサッカーを室内に持ってきましたという印象です。

──今回お話ししていただいたようなことは、日本にいる我々には全て新しい発見でした。

もう1つ、めちゃくちゃ良いところがあるんです。十字架の丘っていう観光スポットがあります。世界遺産などは僕もそれなりに見てきましたが、1番良いです。戦争中に祈りを捧げるために十字架を持ち寄っていたら、どんどん人がやってきて。それこそ丘の結構な距離の中に十字架だらけです。十字架がたくさんあるってお墓のようなイメージで怖さがあるんですが、十字架もいろいろなものがあって可愛いものとかもあります。自分の願掛けを書いてあるものが吊るされていたり、自分(の身長)よりも大きな十字架から小さいものまでたくさん刺さっています。本当に世界遺産は結構見ましたが、その中でも1番良かったと思えるくらい印象深いですね。

──リトアニアで開催されるフットサルワールドカップですが観に行きたいですか?

リトアニアに行ったことがある自分でも、もう行かないだろうなと思っていました。言われてみると、こういうきっかけなので行ってもいいかなとは思っていますね。人よりは知っていますからね。

──丸山が連れて行くフットサルワールドカップツアーを企画したいですね。

やめてくださいよー(笑)。僕は悪口しか覚えて帰ってこなかったくらいですから。言葉喋れないですもん。それに本当に人が暗いんですよ。あまり良い思い出はありませんね。どこの国に行ってもいると言われる中国人ですら見ませんでした。はじめにスーパーに行ったときも「あっ、アジア人だ」のような空気になるんです。それで僕が買い物していると、僕がいる通路に人が入ってこないんですね。差別されているとかではないですが、物珍しい感じでしょうね。排他的なところもあります。

でも飯はうまいですね。リトアニア人曰く、ピザってそもそもリトアニアの料理らしいんですね。確かにピザ屋は町中にたくさんありました。めっちゃ安くて、日本だったら4000円くらいしそうなものでも、向こうなら500円くらいで食べられます。みんなすぐにピザを食べるので、これを機に本当かどうか調べてください。
(編集部注釈:ピザはイタリアで生まれて広く世界に広まったものだが、リトアニア発祥という説もある)

──ホテルなどの宿泊施設はいかがでしょうか。

泊まるところは多いですね。民泊のようなやつも多いですし、綺麗な場所なのでヨーロッパからも観光で来るみたいです。町は絵本で見ていたような綺麗な風景ですし、カラフルです。インスタ映えする場所がたくさんありますね。空港はものすごく小さいです。僕の中で最近行ったのは熊本空港なのですが、そこの4分の1程度の大きさです。日本の地方空港よりも小さくてボロボロですね。そこに国際線も通っています。僕の時もトルコかデンマークで乗り継いで行っていました。あと1つ面白いことを思い出したんですけど。

【次ページ】リトアニア人の友達を作るにはウォッカ!?

▼  ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami