SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア

【KIZUNAプレゼンツ“J×F”ガチ対談】Jリーガー町田也真人とFリーガー中井健介が思うサッカーとフットサルの違い。2人の知られざる学生時代とは!?

PHOTO BY軍記ひろし

アスリートとして町田は食事に、中井は姿勢に気を使う

西尾 では、次のトークテーマは「学生時代や現在のプロ生活を踏まえてサッカーやフットサルが上手くなるためにどのようなことをすればいいか」。サッカーやフットサルが上手くなるためにすべきことを教えてください。

中井 やはり上手くなるのにはコツがあると思うんですよ。それは身体の姿勢であったり、ボールの蹴り方、目線だったりが少しずつ(選手によって)違うと思うので、是非そういうところを見てもらって、スーパーシュートやテクニック以外のマニアックな部分も見てもらえるとまた面白く、見えてくるところが増えてくるのかなと思うので是非そこをチェックしてみてください。

町田 上手くなるためにか……。なんだろうね。

西尾 例えば、健康に気を使っているとか?

町田 健康には気を使っていますね。

中井 食事は気にしているみたいです。

町田 今年から個人的に栄養士を付けて、気を使うためにやり始めました。お肉を食べるときはお肉を食べる前にこれを食べるといいというのを教えてもらったりして、毎食写真を撮って栄養士に送るんですよ。だから身体に悪いものを食べれないんですよ。

中井 見張られてるんだ!

町田 「これ食いてえな」というときはあるんですけど我慢して食べないというのを今年からしていました。そうしていたら(シーズン)終盤にかけても動けるようになったので良い効果はあるのかなと思いますね。

七瀬 選手は身体が基本ですから、みんなしっかりされているんですね。中井選手は最近、SNSで肩甲骨をよく動かしている動画をよくアップしているんですよ。あれはなんのためにやっているんですか?

中井 あれはトレーニングなんです。簡単に言うと上半身を動かすと良いプレーに繋がるんですよ。例えば肋骨って骨がいっぱいあると思うんですけど、一個ずつ動かすとか。背骨だったら一個ずつ背骨を曲げるような。それをすることで、動きの質が上がるというか。普段の生活の中でこっていたり、移動が長かったりすると固まってしまうのでそれを動かすトレーニングをしています。

町田 効果は?

中井 効果はありますね。プレー中の姿勢がまず良くなりますね。

七瀬 それって私たちがやっても効果はあるんですか?

中井 もちろんです。

西尾 猫背とかも治ったりしますか?

七瀬 プレーの質が上がる話なんだよね……?

西尾 あっ、そうだそうだ!

七瀬 穂乃花節が炸裂している……(苦笑)。上手くなりたいので選手ではない私たちも肩甲骨動かしていたらもしかしたらプレーの質が上がったりするかもしれないですよね。

中井 是非、意識してみてください。

町田 肩こりとかそういうのも変わりそうだよね。

中井 そうですね。良い姿勢になると筋肉が引っ張られるのでそういうのはなくなりますね。だから也真人選手はナチュラルな姿勢で「力入れてるのかな?」みたいなプレーをしているので見てみると面白いですね。

西尾 そうなんですね。ありがとうございます!

七瀬 すごく参考になる良い話が聞けたね。

西尾 では、お互いの「ここを見てほしい」というのがあれば。町田選手は中井選手のどこを見てほしいか。中井選手は町田選手のどこを見てほしいかを教えてください。

中井 町田選手はプレーをまず見てほしいです。力の抜けているプレーがどういうふうに良いプレーなのかを見てほしいです。すごくテクニシャンで「ファンタジスタってこういうことなのかな」って思うぐらいの選手なので是非、ジェフの試合を観てほしいなと思います。

町田 ハードル上げたね……(苦笑)。この前、(ペスカドーラ町田の試合を)解説させてもらって、大学のときと変わらずスピードに乗ったドリブルや負けず嫌いな「勝つ執念」を見てほしいです。それとプレー以外でもいろんなことをしているのでもっと健介のことを知ってもらえると「こんなことをしているんだな」というのが分かると思うので、そこを見てほしいなと思います。

七瀬 ありがとうございます。そして偶然にもペスカドーラ町田のユニフォームも黄色、そしてジェフユナイテッド市原・千葉も黄色。大学も同じでユニフォームの色まで一緒で共通点が多いですよね。

町田 背番号も一緒なので。で、俺が町田(笑)。

七瀬 この前の解説でもすごくややこしかったですからね(笑)。コメント欄に「町田」って書いてあってもどっちの「町田」なのかわからないみたいな。

町田 どうしようもないよね(笑)。

中井 仕方ないよね(笑)。

七瀬 では短い時間でしたが、「“J×F”ガチ対談」の時間ももう終わりに近づいてきました。最後のトークテーマとして本日、お集まりいただいたみなさんや日頃試合を応援してくださっているみなさまに、2人がファンとのつながりでどんなことを意識しているのかをお願いします。

中井 5年前のホーム最終戦で絶対に勝たなければいけない試合があって、そこでSNSを使って選手全員で満員にしようという日があったんですよ。その試合でギリギリ勝つことができて、試合中「応援ってこんなに力になるんだな」というのを感じました。途中まで負けていたのに負けなかったですし、僕もスタッフも応援していた人たちもすごく楽しかった空間になりました。僕はその試合を1試合でも多いようにしていきたいと思ってSNSで発信しているので是非、ペスカドーラ町田の試合を見に来てほしいです。

町田 スポーツって本当に大きな力を持っていて、ファンありきだと思うしその人たちのために僕たちはプレーしていると位置付けてやっています。見に来てくれる人がいないとモチベーションも上がらないし、健介が言ったようにサポーターやファンの方が来てくれるとそれだけで良い気分のまま試合ができるので感謝を常日頃持ってファンの方と日々接したいなと思っています。

今回、このKIZUNAさんとも協賛して(SALフェスを)やらしてもらっているんですけど、僕も中井選手もKIZUNAというアプリを使用しています。InstagramやTwitterに僕たちも発信したいのですがそれらよりもKIZUNAでは濃いことを発信できるんですよ。例えば試合に負けてしまって発信しづらいときにそのアプリではすぐにメッセージを送信してメッセージが見られるというものです。常に試合前とか試合後もアプリを通じて「頑張ってください」とか「お疲れさまでした」と個人的にチャットができるようなアプリです。

中井 選手にとってSNSは考えることが多いから気にしてしまうのでTwitterとかで発信できないようなことを非公開なところで発信できるので安心感があり、楽に接することができますね。

町田 そうだね。より濃く接することができるので。今、いろんなアスリートの方もやり始めているので、より僕たちやアスリートの方と深く接することができるSNSだと思うので登録してみてください。

中井 チェックしてみてください!


アスリートとつながれるアプリ「KIZUNA−絆−」では町田選手と中井選手の対談の全編動画を配信中。町田選手、中井選手とのチャットもできるので、ぜひアプリをダウンロードしてください。

https://kizuna-athletes.jp

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami