SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.11

【企画継続】目標金額達成で立川・府中のマスコット作成が決定! 今後は150万円目指し再挑戦!

PHOTO BYMakuake

インターネット上で資金調達を行うクラウドファンディングを介して公式マスコットの作成プロジェクトを実施している立川・府中アスレティックFCが、目標としていた100万円の資金調達に成功した。

2度目の丸山の筋トレは8分で完売

今月7日から開始された同プロジェクトは、初日に62%の 目標達成率を残すなど初動で大きな動きを見せた。以降もファン・サポーターの支援を受けて資金調達は順調に進み、プロジェクト開始からわずか5日目の11日14時時点で、目標金額に設定された100万円を越える105万9000円を達成している。

なお、目標金額に達成し、無事にマスコットの作成が決定したが、マスコットの維持費などを考慮してより多くの資金調達を目指すべくプロジェクト自体は期限の最終日まで実施される。

早期の目標達成やプロジェクトの続行について、選手会長でありこのプロジェクトの責任者である皆本晃はファンやサポーターに向けたコメントをSALに寄せた。

「こんなに早く達成出来るとは思っていませんでした。皆さんの想いを感じられて嬉しい気持ちになりました。本当にありがとうございました。これでマスコットを作ることは決定したんですが、どうせ作るならより良いものを作りたいと思っているので目標をストレッチして150万円まで達成したいと思います! ぜひ一緒に最高のマスコットを作りましょう!」

また、今回のプロジェクトでは様々なリターンが用意されており、中でも注目を集めたのは「【1名様限定】100年に一度の逸材 丸山将輝選手とマンツーマンで筋トレ」。3万円に設定されたこのリターンは、プロジェクト開始からわずか3分で完売。さらに「【追加リターン】100年に一度の逸材 丸山将輝選手とマンツーマンで筋トレ」も3万5000円と価格が上がったにもかかわらず、こちらも8分で完売となっている。

MVP級の活躍を見せている丸山将輝について、選手会長であり今回のプロジェクトの責任者である皆本晃は「今回のプロジェクトで1番株を上げたのは間違いなく彼だと思います。本当にすごいキャラを手に入れて定着させたと思います。あとはこの勢いをピッチに持ち込んでほしいですね」とピッチ内での活躍に期待した。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami