SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア

【篠田と関口、ニコイチのゴレイロ/後編】ダブル守護神の知られざる胸の内。「シノくんは悪意のあることを言ってみんなからツッコまれる」(関口)

PHOTO BY

ご飯に行ってもフットサルの話は5分もしない

──2人はオフの日でも交流はあるんですか?

関口 いや、全くないですね。

篠田 一切ないですね。

関口 もちろん選手同士でちょっとご飯を食べに行くことはありますけどね。家庭を持っている選手も多いので、オフにわざわざ会って遊ぶことは、プロスポーツだと少ないのかなと思います。寮に住んでいる選手は別ですけど。あと、外国人選手は周りに友達がいないので、オフでもいつも一緒にいますが、それ以外はそんなに遊ぶことはないですね。

篠田 チームメートの年齢が自分と近くなったので、昔よりは増えたかもしれないですけどね。上下のわだかまりもないし、誰でもイジれるよさがありますから。とはいえ、優志と2人で何かをしたことはないですね。僕も子供も奥さんもいるのでオフにこいつと会いたくない(笑)。

関口 仲が悪いわけではないけどね(笑)。

篠田 みんな会わないですね。

関口 1年の大半を一緒に過ごしているやつらとわざわざ休日に会わないよね(笑)。

篠田 そうですね。たまに、ぱっしゃんとイオンで出くわしたりとかはありますけどね。

──ゴレイロ談義はしないんですか? 高見政顕選手を交えた3人でとか。

関口 練習中ですかね。3人いるので1人だけが練習に入っていて2人で見ているときは「今のプレー、あっちに行った方がよくない?」というような話をしたりします。

──ご飯に行った際に話しをしたり?

篠田 ないですね。

関口 フットサルの話なんて1時間のうち5分、10分くらいしかしないですね。

篠田 たしかに練習の合間くらいで、ロッカールームでもしないですね。どちらかといえばフィールドの選手と連係面の話をしたりすることが多いかも。フィクソの選手に「さっきのシュートを打たれた場面、もうちょっと中を切ってよ」とか、そういう話ですね。

関口 ゴレイロ同士って、感じている部分が違ったりするんです。身長も反射スピードも距離感も三者三様で。大枠の話であれば「そうだね」ってなるんですけど、ディテールは自分にしかわからないものがあるのであまり話さないですね。

──ちなみに高見選手はどんな選手ですか?

関口 立ち位置的にはメンタル的にもかなりつらいと思いますが、それを一切出さずに練習から取り組んでいて、本当にリスペクトできる選手です。練習で何本もいいセーブをしているけどメンバー入りできなくて、それでも腐らないでやってくれていて、本当にすごい。

篠田 僕も以前は、「特別指定選手」が外れて、サテライトでもトップでも出られないことがあったので、高見の気持ちはすごくわかります。真面目で練習でもすごくいいプレーをしているので、高見が劣るから僕たちが出ているわけではなくて、あいつもやれる実力を持っています。

──キャラクターはどうですか?

関口 どちらかというと僕よりもシノくん寄りの人間ですね。寡黙だけど時々、爆弾発言をボソッと言うようなタイプです(笑)。

──なるほど(笑)。では最後にファン・サポーターにメッセージをお願いします。

関口 名古屋はまた一から次の連覇を達成できるように頑張っているので、今シーズンも最後までしっかりと応援していただけたらと思います。無敗優勝は簡単なことではないですし、そこにこだわっているわけではないですけど、ファンの方にとっても「絶対的王者」は嬉しいと思うので、そこにいけるように残りの試合を頑張っていきます。

篠田 4冠が目標のなかでアジア選手権を獲れませんでしたが、リーグと全日本選手権(を優勝してカップ戦と併せて3冠)はまだチャンスがあるのでしっかり達成したいです。無敗を目指しながらも目の前の一戦一戦を戦って、いい形でファン・サポーターの方と喜びを分かち合いたいです。それに、フットサルの魅力が伝わるためにも熱い試合をして、もっとたくさんの方々に見に来てもらえるように1日1日、頑張っていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami