SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.15

【F1第27節/F選抜×立川・府中】内容には一定の評価も「前半の失点で今日のゲームの方向が付けられた」(F選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月15日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第27節のFリーグ選抜vs立川・府中アスレティックFCが小田原アリーナで行われ、1-5でFリーグ選抜が敗れている。

3セットで回すFリーグ選抜は立ち上がりからハイプレスを仕掛けていく。ボールを持つと落ち着いた繋ぎで主導権を握りにかかるが、9分にバックパスのミスから間接FKを与えて失点。さらに11分、12分と立て続けにゴールを許して3失点で試合を折り返した。

流れを変えたい後半だったが、25分、27分にも失点して0-5。直後の29分に瀧澤太将が皆本晃をかわしてシュートをねじ込み1点を返す。するとこのゴールで勢いに乗ったFリーグ選抜はシュートシーンを多く作っていく。残り5分5秒からは新井裕生をGKに置いた
パワープレーに出るがそのまま試合は終了。今季1勝1分けと無敗だった立川・府中を相手に敗れたFリーグ選抜は直近の4試合で未勝利となっている。

前半の失点が大きな影響を

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

前後半ともに、立ち上がりはそこまで悪い展開ではなかったですが、失点の仕方の部分でリズムが作れませんでした。特に前半はもったいない失点で、今日のゲームの方向付けられたなと。すごく大きな影響を与えた部分だと感じています。

──今日は立川・府中が引いて守る中で自分たちでボールを保持する時間が長かったが、それがゴールに結びつかない。今季の課題だとは思うが、残り6試合でどうしていくか。

僕らの中では良い方向に行っている感覚です。相手との力関係もありますが、その部分で考えると良くなっていないわけではないです。なので継続しながらやっていきます。

守備はほころびもありますが、リズムを取れています。3巡目は攻撃でいかリズムを取るかを考えています。上位相手のゲームでは、相手がハーフで引くことも考えられます。

なので、自分たちの課題と相手を考えるとそこにフォーカスできるチャンスです。これを結果だけにとらわれるのではなく、自分たちが成長していく部分としてのチャンス。残り6試合やり続けて行きたいなと思います。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

失点の仕方が試合を壊したなと。3巡目に入って上位チームは僕らから確実に勝ち点を取りにくる堅いゲームをしてきます。その中で、自分たちから試合を壊すと、残りの6節もこういう展開が続くのではないかと思った試合でした。

相手がどういうマインドできているか理解してピッチに立たないと、ただ内容は良くて負ける試合が続くと思いました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami