SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.12.15

【F1第27節/F選抜×立川・府中】未勝利だったFリーグ選抜を相手に完勝「彼らのストロングは自分たちの苦手のマッチをどう克服するか」(立川・府中 谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月15日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第27節のFリーグ選抜vs立川・府中アスレティックFCが小田原アリーナで行われ、5-1で立川・府中が勝利した。

序盤はFリーグ選抜のプレスに手を焼いているように見えたが徐々に流れを掴むと、9分に相手のバックパスから間接FKを獲得。この流れからジョーがネットを揺らして先制すると、11分にはマルキーニョ、12分には上村充哉が連取して前半にリードを3点とした。

すると後半も先にスコアを動かしたのは立川・府中。25分には渡邉知晃がネットを揺らすと、27分には綺麗に崩して最後はジョーが押し込んで5点目を奪った。その後1点を返された立川・府中だったが、その後のFリーグ選抜の猛攻をシャットアウト。相手のパワープレーも防ぎきり勝利。今季未勝利だったFリーグ選抜を相手に快勝し、直近では引き分けを挟んで4連勝とした。

守備は緻密に攻撃は大胆に

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

残り7試合ある中で今現在の順位は3位ですが、この順位はあくまでも過程です。 3以上のプレーオフに行くために、そして現実的に可能な2位でそこに行けるようにするためには相手は関係なく勝ち点3を積んでいくための試合。ここまでの4試合は上位勢と当たって、勝負はここからです。ラストスパートをどう出せるかの部分で大事な1試合目でした。

今節の我々にとって痛手なのが、累積で内田が出られないことでした。そのあ穴をどう埋めるか。今日の試合を見てもらってわかるように全員が埋めてくれました。GKの控え以外は全員がピッチに立ち、出場時間の長い短いはあってもそれぞれの役割を果たしてくれました。

特にベテランの宮田が今シーズンはあまり出られていないですが、彼に今日の試合をかけました。出られない中でも腐らずにサポートしてくれていましたし、試合前に宮田のために戦おうと話しました。宮田もそれに応えるように良いプレーをしてくれたと思います。勝てた要素の大きな部分は彼のお陰です。

試合の内容については、選抜は清々しいほどに良く走る。そこが逆に仇となる部分もあると分析して、そこを上手くつければと結果はこっちについてくると思っていました。一番のポイントは守備でハーフから守る部分。相手は受けることに慣れていて、プレスを掻い潜ってリズムを作ります。そのリズムを壊して、こちらは守備の部分はお家芸ですし、それが本来のベストパフォーマンスを出せる戦いです。

選手たちが守備で我慢強く40分を通して仕事してくれたことが大きいです。これで年内は後1試合。目標の勝ち点までは気を抜かずにしっかりと大事に戦って行きたいと思います。

──Fリーグ選抜を相手に今季は未勝利だったがメンタル面の部分でどのように働きかけたか。

2回のミーティングで話をしました。順位で言えば格下の相手ですが、力の差があるかといえばそうではないと認めて、彼らのストロングは自分たちの苦手な部分とマッチするので、そこをどう克服するか。戦略や努力で克服することもありますが、まずはやるべきことをやることが大事で、相手は関係なく勝つためのベストを尽くす。

そのベストとは相手を崩すために何が大事かに集中するということです。相手が格下だと思うと精神的な部分で簡単なミスが起こったときにそれを恥ずかしいと思います。また、攻撃ではボールを取られたくないから、失いたくないからと安パイなプレーになります。そして守備はルーズになります。

それを逆に守備は緻密に、攻撃は大胆に。目標はなんなのかというところ。プレーオフにいければ、そして優勝できればリーグ戦でどの相手に3敗しても問題ないです。問題なのはやるべきことをやらずに負けること。そこに意識を集中してくれと伝えました。

──前の2試合を踏まえて、戦術面ではどのようなアプローチで望んだか。

相手の走力、走る部分は常に全力なので、そうじゃないときの対応が大事です。相手が裏に走るので全力で下がらなければ、そう思わせればこちらの勝ちで相手の動きは止まります。逆に相手を引き出して裏を取るのもそうです。相手は極端に判断して動くので、その溝、グレーゾーンをうまくつく。それが攻撃面です。

守備では相手の縦のコースを消す。僕らの感覚でいえば、相手は判断して縦にきているのではなく、闇雲にきています。なので縦のコースを消せば一対一でボールを取れました。唯一、皆本がまた抜きで抜かれたシーンだけです。あそこもしっかりと縦のコースに入っていました。

縦のコースを切る分、当然内側が空きますがそこに決定的なピヴォはいないので、入れさせたとしても怖くない。なので自分たちの外にボールを出させる。それがハマったと思います。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

結果が大事な局面に来て勝ち点3を取れたことは大きいです。また、色々な選手が出て結果が出るのは素晴らしいことだと思います。僕たちに対して、選手層が厚くないイメージがあると思いますが、今シーズンは出場時間の長い短いはあれど、それぞれのセンスや持ち味を出して1つのチームになっています。

長年やってきて、あまりない状況で良い方向に向かっていると思います。内田が出られないこともポジティブでしたし、これからもケガ人が出ることもあると思いますがそれも埋められると思います。

特長を持っている選手がいるので、それらを掛け合わせながら、お互いの長所を出しながら。そうすればどんなチームとやっても戦えます。この状況を1つになってやっていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami