SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.12.26

【F1第15節/名古屋×町田】直近の7試合で得た勝ち点はわずか4……。「勝たなければいけない試合を勝てずに非常に残念」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

台風の影響で延期となっていたDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第15節名古屋オーシャンズ対ペスカドーラ町田が12月26日(水)、武田テバオーシャンアリーナで行われ町田は2-5で敗れてしまった。

リーグ戦6試合連続で勝ちなしとプレーオフ進出へ黄色信号のともる町田は主力の室田祐樹、中井健介、アウグストを欠いた状況での一戦となったが持ち前の守備力と守護神・ピレス・イゴールで名古屋からゴールを割らせない。しかし11分に失点を許してしまい1点ビハインドで試合を折り返す。

そして出だしの良いスタートを切りたかった後半戦だったが、最初のワンプレーで名古屋に追加点を許してしまい最悪の出だしになってしまう。すると22分、26分にも失点を重ねてしまいスコアは0-4に。残り6分を切ったところでクレパウジ・ヴィニシウスをGKにパワープレーを開始。森岡薫の落としをダニエル・サカイが決めて一矢報いたあと、ヴィニシウスのカウンターで2点目を決めたが39分にパワープレー返しを食らい万事休すとなってしまった。

町田はこの結果により7試合でわずか勝ち点4しか得られず、プレーオフ進出へ崖っぷちの状況となってしまった。

誰一人諦めずに臨んだ中、負けてしまってすごく悔しい

岡山孝介(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

プレーオフを目指す上で勝たなければいけない試合を勝てずに、非常に残念です。ただまだ試合は残っているので残りも全力で頑張りたいです。

──ヴォスクオーレ仙台戦で敗戦してしまい短い期間で首位の名古屋戦に臨んだが選手たちのメンタル、雰囲気は監督から見てどうなのか。

今の状況ではできる限りテンションを上げて、集中して臨んでくれました。ただ、試合が短いスパンで続き選手たちも少なからず傷ついているし、そういう中で気持ちを持っていくのが大変な部分も少なからずあったと思います。しかしそれでも練習に臨む姿勢も良いし、選手たちは本当によく頑張って戦ってくれているので勝たせてあげられないのは自分の責任だと思っています。

原辰介(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

僕らもプレーオフに向けてなかなか難しい状況ですが選手は誰一人諦めずに臨んだ中、この名古屋戦で負けてしまってすごく悔しいです。残りも試合も町田を応援してくれる方のために、自分たちの誇りのためにしっかりと戦いたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami