SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.01.06

【F1第28節/すみだ×名古屋】満員の会場で王者の強さを発揮!リーグ1位を決めて「ここからが本当の勝負になる」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月6日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第28節、フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズが墨田区総合体育館で行われ、4-3で名古屋が勝利した。

新年最初の一戦で勝利すれば、リーグ1位が決定する名古屋だったが、立ち上がりの2分にビハインドを負ってしまう。それでも5分にはルイジーニョのシュート性の優しいパスを西谷良介が押し込んで同点。直後には高い位置でボールを奪ったルイジーニョが決め切り、一気に逆転した。ところが12分に再び失点を喫して同点で試合を折り返す。

すると後半は名古屋が先にスコアを動かした。22分にマイナスの折り返しを受けた吉川智貴がミドルシュートを突き刺す。32分にはヴァルチーニョにもゴールが生まれてすみだを突き放すことに成功。直後に1点を失うが、終盤のパワープレーも凌いだ名古屋が逆転勝利で、リーグ1位を決めた。

この雰囲気でできることは嬉しいこと

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

率直に嬉しく思います。今年に入って最初のゲームで1位を決めることができて嬉しく思います。今日の試合は戦いでした。フウガはハートのあるチームで見ていて気持ち良いゲームでした。

ピッチ内だけでなく、会場も沸いていて、このゲームがこの雰囲気でできることは嬉しいことです。もっと多くの会場でこの雰囲気、フットサルが盛り上がれば良いなと思います。

先ほど見ていて気持ち良いと言いましたが、それはフウガだからこそ。最後の一踏ん張りができるのは、会場の声援や雰囲気、後押しあがあってからこそです。それを改めて感じることができました。

我々は今日の試合に向けて、目標を明確にして臨んだ一戦でした。40分の中でミスもありましたがレベルの高いゲームを出せたと思います。大人なプレーができたと。緊張感があるゲームで、我慢強く戦う姿勢を見せられたと思います。

ゲームによって内容は違いますが、もっと終盤にここまで苦しまなくて良いように。それだけのチャンスはあったと思います。選手を称えたいです。ただ、最後の力を振り絞って勝てたの会場の雰囲気など全てが揃ってできたものです。

ここからが本当の勝負になると思うので、リセットして。これからの本番に向けて準備して行きたいと思います。

──次節に向けて。

今後は5試合に向けてコメントしたいと思います。まず1番のメインであるもの(プレーオフの優勝)に向かって準備は進めます。ただ、メンタル的な部分で負けてのそこに臨むのは良いことではないです。そこに向けての準備を勝って進めていく。メンタル的にも強くなってそこに迎える。今までの目標とは少し変えて、この準備期間を使っていきたいです。

このアドバンテージは使っていきたいなとも思っています。ただ、プレーオフに向かって準備したいですが、ラスト5試合でも結果を残しつつ、メンタル的にも勝ってプレーオフに進む。負けて進むのでは気持ちの部分で違います。足元を固めて、この5試合をプレーオフに向けて結果も残していきたです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami