SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.01.20

【F1第30節/名古屋×浜松】乱打戦を制して国内無敗記録を44に伸ばすも……。「今シーズン最悪の試合だった」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月20日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第30節の名古屋オーシャンズとアグレミーナ浜松の一戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ名古屋が7-6で勝利した。

立ち上がり1分でビハインドを負った名古屋は6分、右サイドのキックインで受けた八木聖人が放ったシュートが左ポストに当たりながらラインを超えて同点。9分に再びリードされたが、12分にヴァルチーニョの強烈なミドルが決まって再び追いついた。迎えた16分、ペピータが決めて勝ち越しに成功したものの、17分、18分と立て続けに失点して、3-4とリードを許して試合を折り返した。

後半に入って先行したのは名古屋。23分に、CKから最後は橋本優也が決めて追いつくと、続く26分にはカウンターから安藤良平が決めて、この試合2回目の逆転に成功した。さらに29分には中央の平田・ネト・アントニオ・マサノリからのパスを右のルイジーニョが決めてリードを2点に広げた。

しかし、37分には6-6に追いつかれ、試合を振り出しに戻されてしまう。ここでペドロ・コスタ監督は、西谷良介をゴレイロに交代してパワープレーを開始。すると38分、ヴァルチーニョからの斜めのパスをルイジーニョが右サイドで合わせる“黄金のライン”で決めて再び勝ち越し。最後は、相手のパワープレーをしのいで、両者合わせて13点が生まれた乱打戦を7-6で制した。

名古屋はこれで30試合無敗。昨シーズンから計算すると、リーグ戦、プレーオフ、リーグカップの国内試合で44試合無敗中。2013年に打ち立てた国内52試合無敗に迫る記録をマークしている。

残り試合をよりシビアに見るための薬になった

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

──今日の試合を振り返って。

今シーズンの最悪の試合だったと言えるでしょう。今週、練習してきたことを実践することができず、この試合のための戦略はうまくいきませんでした。

前半はあまりうまくいかず、ハーフタイムに修正をすることが多くありました。後半に入っても内容はあまり変わらず、この試合のポジティブな点としては勝ち点3だけでした。

そして、最下位のチームでも油断はできないと感じさせてくれた試合でした。今週はいろいろとイレギュラーなこともあり、プレーオフまでの残り3試合をよりシビアに見ていくための薬ではあったのかなと感じました。

※通訳が体調不良で不在のため、クラブ公式の発表文のみ

 

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami