SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.01.20

【F1第30節/F選抜×大阪】“因縁の相手”に善戦したが結果は3-3のドロー。「リーグ戦では結果が全て」(F選抜 三笠貴史)

PHOTO BY軍記ひろし

1月20日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第30節のFリーグ選抜対シュライカー大阪が武田テバオーシャンアリーナで行われ3-3で引き分けた。

F選抜にとって2位の大阪は開幕戦と第2戦目に惨敗した悔しい相手。そんな大阪に試合開始早々は攻め込まれていたが、前半13分にカウンターから水谷颯真のゴールでF選抜が先制点を決める。このゴールで勢いに乗るとカウンターやミドルシュートで追加点を狙いに行く。しかし両者ゴールは決まらず、F選抜が1点をリードした状態で試合を折り返す。

後半開始早々、カウンターから伊藤圭汰がGKと1対1を迎えるとこの決定機を阻止され大阪の小曽戸允哉が一発退場となる。数的優位のまま2分間、得点を決めることはできなかったが26分に瀧澤太将のミドルシュートがゴールネットを揺らし2点目を決める。

さらに30分には新井裕生の速い折り返しをフリーの齋藤日向が決めて3点リードとする。しかし31分に1点返されると相手は残り6分にパワープレーを開始。すると続け様に2点を決められ3-3に。その後もパワープレーを継続されるが試合は同点のまま終了。

退場を含め相手は主力を何人か欠いていたとはいえ、2-6で大敗した開幕戦と比べると一つ成長を示すことができたのではないだろうか。

手応えはみんな感じていると思うが……

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

結果に関しては最後のパワープレーの2失点と最初の1失点が非常に残念だなという感じです。その他に関しては考えられうる範囲で起こり、準備をしていて対応ができていたので良かったかなと思います。

──これまで大阪に大きな差を感じていたが今日の試合で成長を感じたか。

手応えはみんな感じていると思いますが、大阪にいい状態を作れているのに勝てず、(引き分けで)喜んでいないことは逆に良いことかなと思います。そうでなかったら逆に心配ですが(笑)。ただ、リードしたところで終わらせたかったです。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って。

上位チームを相手に追われる展開はシーズン通してなかなか経験していませんでした。点差を有利に使いゲームをコントロールすることができなかったです。2点差になって相手のパワープレーの質も高かったのもありますが、それもスカウティングして準備していたのにやられてしまっことが本当に勿体なく残念でした。

──これまで大阪に大きな差を感じていたが今日の試合で成長を感じたか。

結果から見れば成長したと捉えられますがやはり勝てなかったことが全てだと思います。結局、リーグ戦では結果が全てなので内容ではなく結果なのかなと。もちろん、内容を見てできなかったことができたりと一人ひとりが半年前に比べればできること増えていると思います。

ですが所属チームに帰ったときにチームを勝たせる選手にならなければいけないのでそこを求めるならまだまだと思います。3失点目は自分のところで失点しましたが、細かいところを含め、そういうところがまだまだだなと責任を感じています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami