SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.01.20

【F1第30節/F選抜×大阪】引き分けでプレーオフ進出を決めることはできす……。「リーグの1戦として考えると悪い結果ではなかった」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月20日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第30節、シュライカー大阪は武田テバオーシャンアリーナでFリーグ選抜と対戦し3-3で引き分けた。

勝てばプレーオフ進出が確定する2位の大阪だったが、前半13分にカウンターから先制ゴールを献上してしまう。前半、シュートを13本放つがゴールは生まれずに1点ビハインドで試合を折り返す。

後半、早い時間帯に追いつきたい大阪だったが開始33秒に小曽戸允哉が決定機阻止のため一発退場となってしまう。1人少ない状況のまま2分間ゴールを許さなかったが後半26分に逆に追加点を決められてしまうと30分にもゴールを許してしまい3点差と苦しい状況に。

31分に計盛良太の得点で1点を返すと残り6分からパワープレーを開始。直後に芝野創太が決めて1点差とし、残り3分に計盛が決めて同点に。その後もパワープレーを継続し決勝点を狙いに行ったが試合は3-3のまま終了。

引き分けた大阪のプレーオフへの切符は次節へ持ち越しとなってしまった。

Fリーグ選抜は本当に成長している

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

立ち上がりは強いリズムでチャンスを作っていましたがチャンスを(何度も)外してしまい、相手のリズムになってしまった。1失点をして、ハーフタイムから変なリズムで頑張ろうとしても切り替えれなかったです。ですが0-3から3-3まで追いつき、リーグの1戦として考えると引き分けは悪い結果ではなかったと思います。次のバルドラール浦安戦では終始いいリズムを作れるようにしていきたいです。

──今までFリーグ選抜には大勝していたが、苦しめられた今日の試合から彼らの成長は感じたか。

本当に嫌な相手ですよ。1年でもまだ短いですが開幕戦は選手たちが揃って間もない間で、それから2試合目は4点取りましたがその後の内容はフィフティ・フィフティでした。よく走ってきて自信に乗ったら怖い相手です。高橋監督のもとでそんな良いチームになっています。

相手はよく走りますしリスペクトをしているから引き分けでもいいのではないかなと思いました。ファンの皆さんは疑問に思ったかもしれないですけど申し訳ないです。ただ、1年通して頑張ることを考えないといけないです。なので順位で考えると4位まで勝ち点は12離れているので今日の勝ち点1は大きいです。

みんな走って決定力も高く、頑張ってくるので嫌な相手になりました。本当に成長していると思います。

──今日プレーオフを決めれなかったことについては。

正直、心配はしていないです。ずっと同じパフォーマンスではなく悪い時もあります。今日はずっと悪い流れでしたが0-3から3-3になったことは自分たちにとっては大きいです。点を決めれなかったことが悔しいですが追いついたことに関しては次に良い繋がりがあると思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami