SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア

【ネクスト・ヒーローはオレだ!】ただの左利きでは終わらない──。すみだの20歳・中田秀人が描く“未来予想図”とは

PHOTO BY軍記ひろし

日本代表入りするために「怖い選手」へ

──昨季まで所属していたバッファローズではいつからプレーされていたんですか?

高校3年生の卒業のタイミングで、セレクションを受けてバッファローズに入りました。入団した当時はメンバー入りできなくて…。大学との兼ね合いもあったんですが、あの時のメンバーで僕が一番試合に出られていませんね。シーズンの後半になって試合に出るようになって、それからトップの練習に参加するようになって、去年は特別指定でした。

──バッファローズに入って着実にステップアップしていったんですね。

でもバッファローズに入った時は、「本当にやっていけるんだろうか」と思うくらい違いすぎました。真剣に悩んでいた時期です。それくらい自分のレベルが低く、周りのレベルが高い環境でした。僕も「Fリーグでプレーしたい」っていう思いを持って入団したんですが、その思いも軽かったのかなと思えるくらいでした。

それくらい周りの熱量がすごくて。でもそういう環境の中で、自分にできることはなんだろうと考えてやり続けた結果、試合に出られるようになりました。それがあって去年や今があると思っています。

──ところで今は大学に通っているんですよね?

今は東洋大学の3年生です。一応、文武両道で(笑)。

──大学に通いながら選手としてプレーするのは大変ではないですか?

チームとしても今年から午前練習になりました。でもいろいろな人たちの協力があって、今は(選手として活動が)できています。キャンパスは白山にあって、水道橋などの近くです。なので、練習に行くのもそれほど遠くはありません。朝練習して、午後から大学にいく感じですね。

──大学3年生と言えば就職活動ですが、今後のキャリアはどう考えているんですか?

就職はフットサルを続けられるところを考えています。やはり一番はフットサルを続けること。今はそこを目指して動いています。

──すみだの先輩たちのように働きながらプレーすることは、今以上に大変なことだと思いますが?

監督や先輩たちにも「これから、コンディションを整えてプレーし続けるのが難しいんだ」と言われています。僕個人でも、今季を振り返って「こんなに疲れるのか」と思っています。これからは今以上にそういう状態になるでしょうし、その中でもプレーしていかなければいけません。先輩たちを見ていても、コンディション調整が今以上に難しくなるなと思っています。

──あえて苦しい道のりを進み、フットサルを続ける理由ってなんですか?

この世界でプレーしているので、目標として日本代表があります。そこが一番です。年齢は20歳ですが、このフウガに入ってからの3年間があっという間に過ぎていて。年齢で言えば若いと言われますが、1年はあっという間に過ぎていきます。気長にしている時間は、僕にはないなと思っています。

──20歳と言えば、湘南ベルマーレの植松晃都選手も同い年ですよね?

神奈川のフットサルリーグで、彼がロンドリーナ、僕がY.S.C.C.横浜で対戦したこともあります。彼が僕のことをどう思っているかわかりませんが、同い年で、同じカテゴリーでやっていた選手が今は代表に入っていて悔しい思いもあります。負けたくない気持ちがありますね。近い目標だと思っています。

──目標に近づくためにも、今のようにトップチームで結果を残していくしかないですね。

確かに目標は高まっていますが、正直に言えば危機感しかありません。ガリンシャも入ってきて、他の左利きがいる中で、バッファローズにも良い選手がたくさんいます。僕もそこから上がってきた選手ですし、自分がダメならばバッファローズの選手とすぐに変えられてしまう。変わっても結果を残せる選手がいるのがフウガというチームだと思います。

そういう危機感を感じながらも、今の自分にできることを1つずつと思っています。目標は当然ありますが、危機感の方が大きいですね。

──危機感を克服するためにも、自分の伸ばしたい部分ってどこですか?

得点力の部分です。アタッキングサードでの怖さがもっと必要だと思いますし、そこが今季の課題です。昨季以上に得点を意識して臨んだのですが、まだまだです。須賀監督からも「ゴール前で怖い選手が代表に入っている」と言われていて、そこが今の自分には足りていません。それはこれからの課題でもあります。

──ぜひ、もっと得点をとって代表入りを目指して欲しいです。ちなみに、優しい笑顔が特徴的な中田選手ですが、このチームでどういうキャラですか?(笑)

…(笑)。先輩たちによく可愛がられています(笑)。年齢も下なので、良く面倒見てもらっていますよ。本当に良い先輩たちです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami