SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.09

【F1第32節/名古屋×湘南】フレッシュな選手も躍動し6発大勝!「彼らのパフォーマンスにも非常に満足しています」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズは湘南ベルマーレに6-2で勝利した。

特別指定選手の新田駿、磯村直樹といったフレッシュなメンバーが名を連ねたこの試合、先制したのは名古屋だった。開始20秒にコーナーからヴァルチーニョがゴールを決める。

さらに2分に八木聖人、7分にルイジ―ニョ、そして14分には新田がデビュー戦弾を決めて前半を5-1と大量リードで折り返す。

大量得点した前半とは真逆に後半はなかなかゴールが決まらず26分に2失点目をしてしまう。しかし前半の“貯金”がある名古屋はペースを乱さず試合を運ぶ。そして39分にGK関口優志のロングキックがネットを揺らし決定的な点が入る。スコアはこのまま動かず試合終了。名古屋の無敗優勝が残り1節とプレーオフの2試合で間もなく決まろうとしている。

育成にも力を入れていかなければいけないチーム

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

まず、非常に強度が高いゲームでした。メンタル的にも強くなれたゲームだと思いますし準備というのもこういうゲームでより強くなれました。湘南のようなチームは気持ちが入ってメンタル的に強いチームなので、私たちも負けない心構えでゲームに入りました。そういう点で、勝てたことは次に繋がったと思います。

ゲームの流れとしては先手を取ることができ、私たちの戦略、流れがブレないためにも最初の1点が大事なゲームでした。その中で先制でき、そのまま追加点が取れたことが優位に試合を運べた要因でした。先手を打てたことが安定しましたし、私たちの精神的にも余裕ができました。

そのアドバンテージを上手く熱いゲームの中でもコントロールできたことは非常によかったです。そういう意味でも主導権が握れたゲームでした。内容もよく勝てたことと、ケガもなく終えたことが明日の試合に繋がるのでポジティブなゲームができたと思います。

──今日デビュー戦だった特別指定の新田選手、磯村選手そして今日、メンバー外だった松原友博選手の評価は。

私がこの3年間、オーシャンズの監督になった時のプロジェクトとして勝ち続けるのはもちろんですが、私たちのオーシャンズがここから進んでいくことで若い選手を育てる、育成にも力を入れていかなければいけないチームです。

そのプロジェクトの中でここが新たに上がってきた選手にチャンスを与えるべきタイミングかなと思い、クラブと話し合った上でこのセントラル開催でチャンスを与えるのが理想的(なタイミング)でした。そこで今回は(新田選手と磯村選手の)2人を起用しました。彼らのパフォーマンスにも非常に満足しています。特別指定の3人の中からは松原選手が外れましたが、彼の場合はトップの練習試合で出ています。ですが今回はクラブとして、その2人にチャンスを与えようとました。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

監督が言ったとおり、速い時間帯に3点を連続で取れたことがこのゲームを決定づけポジティブに進められました。相手のペースになっても余裕がありますし、取られても取り返して流れを取り返せたことは大きかったですしいいことだったと思います。後半、流れが相手にいくことが多かったですが強度を維持しながらディフェンスができましたし、前半の優位を保ちながらできました。理想的な試合展開だったのかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami