SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.02.10

【F1第33節/名古屋×大阪】リーグ戦最終戦の大一番で悔しい完敗…「立川・府中に勝てばもう一度名古屋と対戦するチャンスがある」(大阪 小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

2月10日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の最終節の名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、大阪は1-4で敗れている。

プレーオフ決勝で実現する可能性があるFリーグ界のクラシコが今季の最終戦を飾る。大阪は球際に厳しく激しい入りを見せた。しかし15分にカウンターから一瞬の隙をつかれて失点してしまう。それでも18分にボックス左でボールを受けた相井忍が放った反転シュートが相手に当たってゴールネットを揺らし、前半は1-1で終えた。

逆転したい大阪だったが、24分にまたも失点して追いかける展開に。さらに35分にも失点を喫して1-3と苦しくなる。すると直後の36分には加藤未渚実をGKのポジションに置いたパワープレーを開始。ところがこの試合で警告を受けたアルトゥールを温存するパワープレーのため決定機を作れず。すると試合終盤にパワープレー返しから失点となり勝負あり。大阪のシーズン最後のリーグ戦は黒星となった。

決勝でもう一度名古屋と対戦できるように

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

タフな試合でした。前半は1-1で終わりましたが、ディフェンスが捕まえられませんでした。後半は0-3ですがディフェンスとフィジカル的に良かったと思います。

結果として1-4でしたが1-1の時に2-1にするチャンスもありました。そこで決めきれなかったのが残念です。ただ、パワープレーでチャンスもありました。負けて悔しいですが、立川・府中戦に良いつながりがあると思っているので、切り替えてその試合に臨みたいと思います。決勝でまた名古屋と戦えるように立川・府中戦を頑張りたいです

──パワープレーではアルトゥール選手を起用しなかったがその意図は?

(試合中に)イエローカードをもらっていました。何かしらの事故でミスパス(からファウルで止めなければいけない場面)や、ボールが手に当たったることでの2枚目が怖かったです。ただ、名古屋との1試合目でも(アルトゥールが不在の中でパワープレーから)リズムを作っていました。今日もリズムを作ってシュートまで持っていくチャンスがあったので良かったと思っています。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

名古屋を無敗で優勝させないようにと思って戦った試合でしたが、足りない部分が出た試合でした。ただ、来週の立川・府中戦に勝てばもう一度名古屋と対戦するチャンスがあります。そこに向けて準備していきたいと思います。

──足りない部分が出たとは具体的に。

ディフェンスです。シュートまでの回数が多くて一対一でやられた場面がありました。一対一で勝てないならカバーを作るなどチームとしてのやりようがあります。今日の試合からわかったことがあります。できること、できないことが出た試合でしたし、そこは修正できる部分です。まずは次の立川・府中戦に向けて準備して、名古屋ともう一度戦えるように頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami