SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.02.11

【F1第33節/湘南×仙台】シーズンを終えて通算勝ち点は35。「とてもいいシーズンだったと思います」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月11日(月・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第33節、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でヴォスクオーレ仙台は湘南ベルマーレと対戦し、0-1で敗れた。

キャプテンの荒牧太郎を出場停止で欠いたこの試合は開始20秒に先制を喫してしまう。すぐに追いつきたい仙台だったが、ゴールは生まれずに1点ビハインドで試合を折り返す。

後半28分、この日キャプテンマークを巻いたGK税田拓基が相手との接触で倒れこんだがプレー続行。越田を中心に守備では安定したパフォーマンスを見せたが攻撃はうまくいかずゴールネットを揺らせない。

残り2分を切ったところでマルロンをGKに代えてパワープレーを開始。惜しいシーンを作ったがスコアは動かず試合終了。仙台は2連戦を1分1敗で終えた。

難しい試合でしたがいい試合をしたと感じています

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

リーグの最後の試合でした。0-1で負けましたが、フットサルにはいろんな負け方がります。負けましたが内容は悪かったわけではないと思います。いいフットサルをして決定的なチャンスもたくさん作りました。湘南の一番上手な選手はフィウーザ選手だと思っています。

4位のチームと戦ってもちろん難しい試合でしたがいい試合をしたと感じています。立ち上がりはよくなく、スイッチが入るのに時間がかかったと思います。後半、ヴォスクオーレのリズムでフットサルができました。今シーズンを最初から最後までまとめて振り返ってとてもいいシーズンだったと思います。すごく成長したと感じています。

──「いいシーズンだった」とのことだが、どんなところが成長したのか。

試合の内容ですね。仙台に来て最初の目標は「選手の育成」でした。堀内迪弥、内野脩麻、藤山翔太、税田拓基は明らかに成長しています。長く一緒にやっていて若い選手ですし、少しずつ成長していると感じています。いつも同じことを言ってますが、いいフットサルをして勝ちたいです。

たまに内容が悪くても勝てますが、今日の方がその試合よりもいい試合をしたと思います。細かいところでいうと試合の内容です。昨季ならほかのチームにボコボコされましたが、今はそうではなくうまくボールを回していい試合ができていると感じているので成長したと思います。

──後半の戦い方が変わったと思うが具体的にどう変えたのか。

後半になってもっと深くピヴォを置いてポジションを取っていました。うまくピヴォを使って第一ラインまで繋ぐことができました。そこからピヴォにボールが入ってから「早めにサポートにろう」と話してそれを後半はできました。あと、「ボールをもっと早く回して集中しよう」と伝えました。なぜかというと湘南は自分たちよりフィジカルが強いので「もっとパススピードを速くしましょう」という話をしました。

税田拓基(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

監督が言ったとおりで、立ち上がりにロドリゴ選手のことを試合始まる前から警戒していましたが、早い時間帯にゴールが決まってしまった。でもあの瞬間、チームとして崩れていけないのは話していて、崩れずに試合を持ちこたえてやれたのは今季強くなったと思います。

昨季から見ていて僕自信もそういった部分はよくなっていると思いますが、やはりここで耐えて1点取れなかったのは実力だと思います。ここで(点を)取れるような強いチームになりたいです。もうリーグは終わってカップ戦しかチャンスが残っていないのでそこに向けてやっていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami