SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.15

【プレーオフへの決意】歴代最強の名古屋を倒すのは歴代最強の立川・府中だ! 下克上を狙う皆本晃「キャリアの大一番」

PHOTO BY軍記ひろし

2月16日、17日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われるDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 プレーオフ準決勝で、リーグ戦2位のシュライカー大阪とリーグ戦3位の立川・府中アスレティックFCが激突する。

今季は多くのベテランや中心選手が退団し、若手を積極的に起用してきた立川・府中。それでも安定した戦いを見せてプレーオフの出場権を獲得した。キャプテンを務める皆本晃は「ここからがスタート」とリーグ優勝を争うプレーオフに向けた再スタートを強調。

若手選手たちの成長、チームとしての成熟度、そして自身のパフォーマンスを考えて「歴代でも最強のチームが出来上がった」と自信を示す。また、谷本俊介監督の退任やこれまでチームを支えてきた宮田義人、岡山洋介の現役引退は「間違いなく1つのサイクルの終焉」。

そんな「勝負所」のプレーオフに向けて、皆本の思いとは──。

サイクルの終わりで最強の立川・府中が誕生

──リーグ戦が終わったばかりですが、すぐにプレーオフが始まります。リーグ優勝を目指せる最後の試合に向けてどういう心境ですか?

僕らはプレーオフを考えて過ごしてきました。リーグ戦が終わったばかりですが、それについては特に何もないですし、むしろいよいよ始まるなと。順位は3位ですが、僕らとしては何位でもプレーオフの出場権をとってそこからがスタートだと考えていました。

そこまでにプレーオフで勝てるチームを作っていこうとリーグ戦を戦ってきました。そういう意味では良いチームができてきていると思います。

──今季はベテラン選手が多く退団し、チームが若返った中での3位。しっかりとチームが出来上がってきた印象ですが。

皆さんも感じていると思いますが、若い選手たちも想像を越えるような成長をした選手もいるほど成長してきました。みんなが戦力になっていますし、勝つためのチームになっていると思います。僕は自信を持ってプレーオフに臨めると思っています。

──プレーオフ決勝を制してトロフィーを掲げるイメージはできていますか?

リーグ戦の積み重ねも大事ですが、プレーオフは一発勝負です。僕としてもチームをファイナルに連れて行くことだけを今は考えています。そこで勝つために、手段を選ばずにやりたいなと思っています。

今までのリーグ戦でやってきたことをぶつけるのではなく、勝つために手段を選ばない。今まで見せていないこと、サプライズもやろうと思っています。それを準備してきたので、楽しみにしてください。

──優勝する自信は?

もちろんあるから始めたことですし、そういう準備をしてうまく積み重なって、サプライズを起こす準備はできています。楽しみだなと思う部分、そして絶対にできると思っている部分があります。

──プレーオフは短期決戦でリーグ戦とは全く違います。ただ、リーグ戦の成績では大阪に3戦3勝と相性が良いですよね?

そのアドバンテージはないと思っています。リーグ戦はリーグ戦で、33試合のうちの1試合です。ここからは次がない試合。今までのデータを見ても、リーグ戦で3勝しているチームがプレーオフで負けることはありました。

僕たちも町田に3連敗した中で臨んだプレーオフで勝ったこともあります。その辺りはしっかりと次の試合に臨まなければいけません。3連勝しているからって勝てる相手ではありません。プレーオフは別の試合ですし、プレッシャーのかかり方が違います。

プレーの選択やそもそもの試合の雰囲気など何もかもが違います。それを分かった上でやることが大事だと思っています。

【PV】Fリーグ2018/19プレーオフ準決勝 シュライカー大阪 VS 立川・府中アスレティック

【次ページ】1つのサイクルの終わり

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami