SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.16

【女子Fプレーオフ準決勝/府中×サイコロ】2点ビハインドを追いつき明日の第2戦へ「同点に追いついたことで、こちらの方が勢いがある」(府中 松田大次郎監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月16日(土)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ 準決勝、リーグ2位の府中アスレティックFCプリメイラとリーグ3位のさいたまサイコロの第1戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、府中はサイコロと4-4で引き分けた。

プレーオフ決勝で待つ女王・アルコイリス神戸への挑戦権をかけてリーグ戦2位の府中と3位のサイコロがプレーオフ準決勝で激突した。試合は4分に千田日向子のゴールで府中が先制する。そこから2失点を喫して逆転を許した府中だったが、13分に高い位置でボールを奪った船附ひな子の豪快なミドルシュートで同点に。しかし前半終盤には再び逆転されて、2-3で試合を折り返した。

追いつきたい府中だが、後半の立ち上がりにも失点して2点を追いかける苦しい展開に。しかし徐々に試合の流れを掌握していくと、28分に中央の藤田実桜が右サイドに運び出して中央へパスを送ると、島崎美和が押し込んで1点差に。さらに30分には千田の落としから門井恵美のミドルシュートが決まって同点とした。その後はチャンスを決められず、準決勝第1戦はドローに終わった。

後半の良さを明日も続けて

松田大次郎監督(府中アスレティックFCプリメイラ)

──試合を振り返って。

すごい良い環境でやらせてもらえることに感謝しています。これは選手が1シーズン頑張って勝ち得たものなので、それを無駄にしないように練習してきました。

試合に関していうと、2試合ある中で、80分の試合の中で、厳しい時間帯もあるよと話していました。その厳しい時間帯もありましたが踏ん張って、同点に追いついたことで、こちらの方が勢いがあると捉えています。やられた形、点を取れた形を修正して明日を迎えたいと思っています。

──守備ラインをコントロールしていたようですがその意図は?

2つあって、自分たちの面で言うと80分間、前から行くことは体力的にも難しいです。あとは相手のやり方の部分。長いボールを入れてくるのがあるので、スペースを消して守るためにラインをコントロールしいきました。

──定置攻撃が機能していなかったようですが、チームとしての印象は?

どのチームも最初は元気でプレッシャーがかかるのは当たり前です。後半はみんなで修正して、ボールが回せるようになったと思います。その中でどうやってフィニッシュに持ってくかの部分です。それでも前半より後半は良かったので、後半の良さを明日にも続けて出せればと思います。

──年齢の部分もあってか後半は運動量で相手を押し込めていたが想定通りですか?

先ほども言いましたが、私たちは80分の試合として捉えています。その中で今日、明日は少し回復するでしょう。ただ、年齢の部分もあるし、うちは走らせているので、後半になれば自分たちの思い描いたフットサルが出てきました。それは体力だけでなく、やり方でも修正したことでボールが回ったと思います。

明日に関しては、年齢の部分は最後になれば関係ないと思っています。相手の方がベテランで、その良さが出てくるでしょう。ただ、そこは戦い方の違いだと思うので。相手はいけないから、そこをわかっていてどこか他の部分をを固めてくる。そういう部分も楽しんでもらえると良いのかなと思います。

縄田三佳(府中アスレティックFCプリメイラ)

──試合を振り返って。

去年と同じようにこのプレーオフの舞台に立てたことは嬉しいです。ただ、勢いの部分で入りが悪かったと思います。逆転を許して崩れた部分があったのかなと。2試合あるので、明日に繋がると思います。明日は勝って来週を迎えられればと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami