SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.16

【女子Fプレーオフ準決勝/府中×サイコロ】先行しながらも終盤に走り勝てず。「次に勝った方が決勝というわかりやすい結果になった」(サイコロ 小野直樹監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月16日(土)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ 準決勝、リーグ2位の府中アスレティックFCプリメイラとリーグ3位のさいたまサイコロの第1戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、サイコロは府中に4-4で引き分けた。

試合は序盤から点の取り合いとなった。サイコロは3分に先制を許したものの、10分に秋田谷美里のゴールで同点とすると、直後に小島英里奈が決めて逆転。12分に再び追いつかれたものの、18分には筏井りさの技ありシュートが決まって3-2で試合を折り返した。

後半早々、ゴール前でもう一度、筏井が流し込んで2点差としたものの、サイコロはそこから相手の反撃にあってしまった。27分に失点すると、29分には強烈なミドルを決められて同点に。最後まで多くのチャンスを作ったものの最後に勝ち越すことができないままタイムアップ。初戦はドロー決着となった。

プレーオフ準決勝は明日17日、同じ会場で第2戦を行い、試合勝者が23日、24日に開催されるプレーオフ決勝への切符を手にする。

予想通りの1点を争うゲームで楽しかった

小野直樹監督(さいたまサイコロ)

──今日の試合を振り返って。

始めてのプレーオフで、慣れないピッチと雰囲気のなかで不安もありましたが、選手は最高のプレーを見せてくれたと思います。府中は、ピヴォに入ると危険で、嫌な流れにされてしまうので気をつけようと話していたのですが、そこで相手もフェイクを使ってうちのフィクソを騙して、何度も入れられて、そこからの失点もありました。

プレーオフは2試合の結果で決まるので、今日のうまくいかなかったところを指摘するよりも、自分たちらしさというか、決め切れなかったところの方が問題だったと思います。府中とはいつも1点差になりますし、こういうゲームになるだろうと話していたので、選手も楽しかったと思います。ただこれで勝った方がプレーオフ決勝へ進出というわかりやすい状況なので、また全員で楽しみたいです。

──互いに3-1のシステムから、ピヴォが流動的というよりも前に張る形が多かった印象です。そこに対して、守備の受け渡しがうまくいかなかったように見えたが、指示としては受け渡そうと?

(ピッチをいくつかに分割して考えた)ゾーンによってマークの仕方を変えているのですが、後半の疲れてきたところで(マークの)受け渡しかマンツーマンかはっきりしませんでした。そこはベンチで修正していこうとしていました。あと、(タッチラインと平行にボールを出して裏に走られる)パラレラについてはマンツーで相手についていこうと話しをしていました。

──今日は定位置攻撃があまり機能していなかった印象だが。

3-1のシステムで3人の崩しにはオープニング(というスタートの形)にいくつか種類があります。相手は前半から後半の途中までハーフに引いたので、そこでリズムを作ってピヴォに入れることをしたかったのですが、いきなり(ピヴォに)入れてそれを何度カットされてカウンターを受けてしまったか。そこについてはベンチでもしきりに話をしました。明日は修正したいと思います。

吉川紗代(さいたまサイコロ)

──今日の試合を振り返って。

引き分けという結果は少しもったいないと思いますが、明日は勝てばいいだけです。今日の修正をして、アグレッシブに戦って勝ち切りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami