SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.16

【プレーオフ準決勝/大阪×立川・府中】決勝進出を手繰り寄せる大勝「後半も攻撃し続けられた」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月16日、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ準決勝、シュライカー大阪vs立川・府中アスレティックFCが駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、大阪が11-4で勝利した。

リーグ戦2位の大阪が、プレーオフ決勝で待つ名古屋オーシャンズへの挑戦権をかけて3位の立川・府中との2連戦に臨んだ。試合は6分にカウンターから堀米将太のゴールで幕を開けるとゴールラッシュとなった。直後に同点とされるが、8分にはFKの流れから加藤未渚実、11分にアルトゥールが連続で得点。さらに18分にもアルトゥールがネットを揺らして4-1と大きくリードして試合を折り返した。

後半も大阪が常に優勢に試合を運んで行くと31分の時点で8-2とリードを広げる。その後立川・府中がパワープレーに出るが、33分には田村友貴、34分にアルトゥールが4点目となるパワープレー返しを決める。34分にはオウンゴールで1点を献上するが、39分にはGK檜山昇吾のパワープレー返しも決まって勝負あり。決勝進出をかけた大一番で大阪が大勝を飾った。

プレーオフで復帰したチアゴに満足

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

立ち上がりに相手のオフェンスに対して、自分たちのディフェンスが捕まえられず、裏へのボールや斜めのボールで危ない場面がありました。しかし5分からしっかりとディフェンスが機能し始めてカウンターができましたし、1点目もカウンターでした。前半はそのペースで試合を進められました。

後半も攻撃をし続けて得点を重ねられましたし、パワープレーのディフェンスでもしっかり守って、良い結果、良い点数で終わって良かったと思います。

──チアゴ選手のケガの具合は?

ケガが長かったです。リーグ戦に関して言えば、プレーオフに行けるかどうかわからない中で無理をして使って、もしいけなければ意味がない状況でした。今回は無理をさせずに使わずに決勝にいけなくなれば意味がありません。

選手自身は出られる状態だと言っていますし、私も立ち上がりから普通に使いたいとトレーナーに伝えました。プレーオフの良いタイミングで出すことができて良かったと思います。

フィジカル的にもう少し上がりきっていないですが、明日だけではなく、優勝を狙えるようにコントロールして出すことが大事だと思っています。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

点差は離れましたが、まだ前半が終わったばかりだと思っています。明日に向けて準備して、明日もしっかりと戦いたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami