SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.17

【女子Fプレーオフ準決勝/府中×サイコロ】前半の天国から悪夢のような後半。「選手は一生懸命やってくれた。自分の采配ミスです」(府中 松田大次郎監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月17日(日)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ 準決勝、リーグ2位の府中アスレティックFCプリメイラとリーグ3位のさいたまサイコロの第2戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、府中は5-6で敗れてプレーオフ決勝進出を逃した。

前日の第1戦は引き分けだけに、この試合の勝者がプレーオフ決勝を決める試合。府中は立ち上がりから相手に押し込まれる時間が続いて苦しんだが、4分、千田日向子が左から決めて先制に成功した。直後の5分に失点して追いつかれたが、府中はカウンターから少しずつチャンスを作り出し始めていく。

7分、船附ひな子が決めて勝ち越すが、10分に失点して、前日に続いて一進一退の激しい攻防が繰り広げられた。追いつかれた後の嫌な流れを打ち破ったのは島崎美和。10分、右サイドの鎰谷佳恵からのパスをフリーで受けると、落ち着いてシュートを撃ち抜いて、再び勝ち越すことに成功した。これでペースを手にした府中は、12分に桜庭里紗、カウンターから最後は門井恵美が決めて、前半を5-2で折り返した。

後半、立ち上がりから相手がパワープレーを仕掛けてくると、早々に1点を失い、その後も少しずつ流れを譲ってしまう。それでも2点のリードがある府中だったが、ここから一気に追い詰められてしまう。32分に失点すると、34分には、第1戦で2点を奪われた筏井りさに決められついに同点に。さらに36分にPKを与えてしまうと、またしても筏井に決められ、逆転を許してしまった。

同点の場合は府中が勝ち上がりとなるだけに、最後まで1点を目指したが勝利の女神は微笑まず。前半に奪った3点のリードを守りきることができず、悲願のリーグ制覇の夢が潰えてしまった。

サイコロには、来週の決勝に向けて頑張ってほしい

松田大次郎監督(府中アスレティックFCプリメイラ)

──今日の試合を振り返って。

昨日に続いて、今日もたくさんの方の応援がすごく力になりました。ありがとうございました。また、このような環境でやらせてもらえるフットサル連盟と関係者の全員に感謝しています。

試合は前半、昨日の修正点を踏まえて、着実に点を重ねていい形で終えられました。後半は正直、パワープレーの守備に対しての不安の部分が出てしまい、そこからチームが崩れてしまいました。選手は一生懸命にやってくれたので、自分の準備不足です。タイムアウトのタイミングやゲームコントロールができませんでした。采配が要因で負けたところも大きいと思います。

──(後がない状況でありながら)後半のタイムアウトが(残り33秒と)遅かったが、迷っていた?

相手がパワープレーをまたしてくるだろうというところで、最後に使うタイミングがいつくるかなと。できれば最後まで(タイムアウトを)持っていたいというところがあったので、なかなか使いませんでした。(失点後にタイムアウトを取らないことで)連続失点してしまうことがありますが、今日は(失点後に)セットを代えたりすることで解消できると思っていたので、そのままやりました。ただ結果的には、相手のパワープレーというよりも、(4人と4人の戦いで)普通に点を取られてしまったのが現実です。そこの精神的なコントロールのところで、タイムアウトで落ち着けられたのではないかと、今は思っています。

──途中、リードしているところで守備のラインを低く設定した。

ハーフにしたのは、相手の16番(筏井りさ)が素晴らしい選手でしたし、こちらが引いても前から(プレスに)いっても、相手は前に長いボールを入れてくるスタイルだったので、前からいって後ろに広いスペースを与えて、16番に1対1をさせるのではなく、(ハーフから守ってスペースを消すことで)カバーリングで数的有利を作れるように、人と人の距離を縮めるためにそうしました。

──前プレを掛けて相手の体力を奪う狙いはなかったのか?

相手が回してくるのであれば、前からいって向こうの体力を削れると思いますが、こちらが前からいって、相手に蹴られてしまえば逆に、うちの上下運動が増えて削られてしまいます。点差もありましたしラインを下げようと。(平均年齢が相手が32歳でこちらが24歳ということで)相手の体力を奪うという狙いはありませんでした。それに、プレーオフですし、連戦がどうかというよりも、相手にはベテラン選手がいるので一筋縄にはいかないだろうと。そういったことを踏まえた戦い方を選びました。

縄田三佳(府中アスレティックFCプリメイラ)

──今日の試合を振り返って。

前半の入りからするとこちらのペースで点が取れていましたが、後半の自分たちのミスから失点したことが敗因です。サイコロには、来週の決勝に向けて頑張ってほしいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami