SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.17

【プレーオフ準決勝/大阪×立川・府中】8点差を最後まで諦めずに戦い続けたことを誇りに「全力で戦う姿勢は最後まで見せられた」(立川・府中 谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月17日、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ準決勝、シュライカー大阪と立川・府中アスレティックFCの一戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、立川・府中が6-2で勝利。しかし2戦合計13-10とした大阪が決勝進出を決めた。

前日の第1戦で4-11と大敗を喫した立川・府中。この試合では8点差以上での勝利が必要な中、キックオフからジョーをGKに置くパワープレーに入ると、2分に内田隼太のミドルシュートで先制する。パワープレーのセットと、皆本晃、上村充哉、酒井遼太郎、丸山将輝の2ndセットを使い分けてゴールを目指すが、18分に同点ゴールを許して1-1の同点で試合を折り返した。

苦しい展開の中、立川・府中は後半もパワープレーを続行。今度はマルキーニョをGKのポジションに置くパワープレーに出ると、24分に完山徹一のゴールで勝ち越しに成功。25分に同点とされながらも27分、28分、33分にジョーが立て続けにゴールを奪う。39分にも完山が2点目を奪い6-2に。あと4ゴールが必要な状況で、立川・府中は残り1分41秒からマルキーニョに代えて皆本晃をGKに置いたパワープレーに変更。しかしそのまま終了のホイッスルを迎え、立川・府中は勝利するも1戦目の大敗が響く形で決勝進出を逃した。

悔いるべきは昨日の40分

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

──今日の試合を振り返って。

昨日の大敗を受けて、最初の40分間は最悪な状態で折り返す形になりました。そこに対して、本気で8点差を埋めるための方法として、今日のように実践しました。残念ながら4点足りずにこの結果に終わりました。

悔いるべきは昨日の最初の立ち上がりの20分。あそこで自分たちのゲームを難しくしました。その点については内容どうこうもありますが、いつもできることができない。それはこういう大舞台での経験の差が出たのかなと。

(プレーオフ決勝進出の)可能性が限りなく少ない中でFリーグの舞台でやるべき義務や責任は果たした上で、最後まで全力を尽くす姿勢を見せられたことは誇りに思います。

また、最後まで声を枯らさずに、可能性がなくても諦めずに後押ししてくださった多くのファンやサポーターにも感謝しています。

自分自身は6シーズンやってきた中で、こういう戦い方をせざるを得なかったのは、最後の最後の試合でした。その中で半日の間にどう戦うべきかを考えさせられて、そういう経験ができたことは今後のためには良かったと前向きに捉えています。

選手たちもそういう普段できないような特殊な経験が成長に繋がると思います。そこを糧に、今季はあと1つ大会が残っているので、そこに向けてもう一度奮い立たせて、大舞台で躍動できる状態を監督して作り上げて優勝を目指して頑張っていきます。

──パワープレーでダイレクトな展開が作れなかったように見えたが狙いはどこにありましたか?

相手も都度、守備のやり方を変えていました。ボックスやダイアに変えて守る中で、こちらとの噛み合わせが合わない。例えば、ボックスで守るなら後ろからシンプルに内田がシュートを狙って行きます。そこから相手を釣り出してどちらかの奥への展開を狙っていました。

それで膠着するならどちらかのサイドがローテーションを狙って相手をずらしてシュートをする形も狙っていました。こちらもポジション変えて2-1-2の形にしたり、流動的に動いて隙間を作ることも狙いました。

相手もしっかりとコンパクトな守備でかなりラインを下げていたので、そこで思い切り撃ち抜くと、当然ですが前半の状況ならば返されて(失点する)ということもあります。シュートのセカンドボールがどちらに転ぶかのリスク管理もしなければいけませんでした。

ダイレクトでいける場面はありましたが、どちらかと言えばフリーなシーンを作って前半はいきたかったです。ただ、後半はいかなければいけない状況なのでシュートの意識高まった中でそういう崩しができるようになりました。前半から恐れずにそれができていれば違った展開になったかもしれません。作戦を前半と後半で大きく変えたとかではなくて、意識の部分だと思っています。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

──今日の試合を振り返って。

難しい状況の試合でした。その中で最後まで諦めない姿勢、追いつこうとする姿勢は見せられたと思います。お客さんも諦めずに最後まで声援を送ってくれました。

昨日の試合が終わった段階から、諦めない、頑張れという声をくれました。暖かいサポーターがいることは心強いと改めて感じました。その想いに応えられなかったことに対して悔しいなという気持ちで一杯です。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami