SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.22

【移籍情報】オールドルーキーのムードメーカーも現役引退。2シーズンを戦った飛騨龍典「今以上の意識でトレーニングに取り組み続ける自信が無い」

PHOTO BY軍記ひろし

立川・府中アスレティックFCは22日、 GK飛騨龍典(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

32歳でデビューを迎えたオールドルーキー

前身の府中アスレティックFCがFリーグに参入した2009年にサテライトに加入した飛騨は、7シーズンごの2017/2018シーズンにトップチームに昇格。同年の8月5日に行われた第9節のデウソン神戸戦では、32歳でFリーグデビューを果たした。

Fリーグでは通算で25試合に登録されている。

以下はクラブからのリリース。

この度、立川・府中アスレティックFC所属の飛騨龍典選手が、2018/2019シーズン限りで現役を引退することになりましたので、コメントと併せてお知らせします。

【飛騨龍典選手コメント】
今シーズン限りで引退する事を決めました。

来シーズンの事を考えた時に、今以上の意識でトレーニングに取り組み続ける自信が無く、それができないのであれば続けないと決めていたので身を引く決断を致しました。

2年という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

■飛騨 龍典(ひだ たつのり)
◆ポジション:GK
◆背番号:77
◆生年月日:1985年5月17日
◆年齢:33歳
◆身長/体重:174cm/73kg
◆出身地:岐阜県
◆経歴:岐阜工業高校 - 府中アスレティックFCサテライト - 府中アスレティックFC(※2018年~ 立川・府中アスレティックFC)

【出場記録】(カッコ内は得点数/2019年2月22日時点)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami