SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.23

【全日本選手権プレーオフ/神戸×浜田】リーグ戦で2連勝の相手にまさかの完敗「駒沢の雰囲気に飲まれた」(神戸 鈴村拓也監督)

PHOTO BY川嶋正隆

23日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会Fリーグ出場チーム決定プレーオフが行われた。F2で7位のデウソン神戸と同8位のポルセイド浜田による第1戦は、0-4で神戸が敗れている。

リーグ戦で浜田と2戦して2連勝の神戸だが、この試合では立ち上がりから浜田の素早いプレスに苦しむ。すると開始1分に失点。5分、6分にもゴールを許して3点差とされる。その後は落ち着きを取り戻し、藤川朋樹を中心にシュートチャンスを作り出すが、決めきれずにハーフタイムを迎えた。

後半は一転して神戸が押し気味に試合を進めていくが、シュートチャンスはことごとく決まらず。点が奪えないまま時間が経過していくと、29分には一瞬のミスから浜田に追加点を奪われる。攻める神戸だったが、最後までゴールは遠く試合は終了。第1戦で大きなビハインドを背負うことになった。

もう一度スイッチを入れ直して

鈴村拓也監督(デウソン神戸)

──試合を振り返って。

3失点のところですね。相手の方が良かったというか、精神的な部分で相手の方が良かったと選手たちも話していました。しっかり試合に入って、もう少し失点が少なければ後半は持ち直せたと思っています。

まだ明日があるので。そういった部分を選手たちにもすでに伝えました。それをそれぞれが理解して、自分の仕事をする。共通理解を持って戦っていきたいと思います。

──2戦を戦うレギュレーションの中、この敗戦は想定していましたか?

想定すべきことです。大差で負けることも考えなければいけませんし、頭にはありました。ここからやり直しなので、切り替えて明日も戦っていきます。

──勝ち抜けるには4点差以上の勝利が必要な状況ですが?

そこを目指しています。明確に4点差という目標があるので、そこを目指していきます。

──明日にはすぐに試合がある状況で、選手にはどんなことを伝えたいですか?

人がやるスポーツですので、試合に向かう部分。今日のメンバーで駒沢で試合をした選手はいません。誰も経験していない中で、ただチームとしては今季は経験を積んでいく段階です。その中で、1年目の最後に東京のど真ん中の駒沢で試合をする。フットサルの経験値の部分と、駒沢で試合をするという意味。その部分が足りていませんでした。

当然、相手も駒沢でプレーした選手はいないと思います。その中で、試合での経験の差も出たのかなと。相手も良い状態で、うちも良い状態なので、点差は不可能ではないと思っています。もう一度スイッチを入れ直して戦うだけです。

──空気感が普段と違った印象ですか?

だと思います。口数も少なかったですし、そこで監督としていろいろな手法がある中、わっと言っても萎縮してしまうと思います。非常に難しい部分だったと思います。

──リーグ最終戦ではY.S.C.C.横浜に勝利しました。あの試合では力を見せた神戸ですが今日の試合との違いは?

それとこれとは別の試合だという部分です。駒沢の雰囲気に飲まれた部分があると思います。聖地と言われる場所で試合をする意味。Fリーグを戦う選手でも年に何回かしかない舞台で初めての試合でした。その中で若い選手には焦りもあったと思います。

それが感じられたので2失点目でタイムアウトを取りました。取るならこのタイミングだと思っていました。その中でも後半は点差があってやりにくさもある中、狙いの形も出せていました。そこで相手のGKを含め、相手のディフェンスが良かったのかなと。

全くシュートが打てない、全くチャンスがないというわけではありませんでした。良い精神状態で臨むことが大事です。明日は0-4からのスタートですが、今日の後半の0-3スタートのようなものです。あとはここ(胸を戦う)です。気持ちを入れ替えて、狙いややるべきことは一緒なので、自信を持ってやる切るだけです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami