SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.23

【女子Fプレーオフ決勝/神戸×サイコロ】今週も魅せた!終盤の怒涛の追い上げ。「1試合残っていて2点差。明日がすごく楽しみ」(サイコロ 吉川紗代)

PHOTO BY軍記ひろし

2月23日(土)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ決勝 第1戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ、リーグ1位のアルコイリス神戸と準決勝を勝ち上がってきたさいたまサイコロが対戦。サイコロは乱打戦の末に初戦を5-7で落とした。

プレーオフ準決勝の2試合で5得点を挙げたエース・筏井りさがこの日も快調。4分に先制点をマークすると、追いつかれた15分にも勝ち越し弾。これで勢いを手にするかと思われたが、相手もエース・江口未珂の2点を含めた3ゴールを許して、2-4のビハインドで試合を折り返した。

後半、ゴレイラを深作紀美子からセービングとロングスローに定評がある吉村史に交代すると25分、その吉村からのスローを前線の吉川紗代が合わせて1点差に。しかしその後は、筏井が江口に徹底マークされて封じられると、35分までに3失点。3-7とリードを4点差に広げられてしまう。

しかし、サイコロは、プレーオフに続いてここから驚異的な粘り強さを発揮。36分に吉川、37分に安奈希沙が決めて、5-7の2点差として、追い上げムードのなかで試合を終えた。

プレーオフ決勝 第2戦は明日24日(日)、同会場で15時にキックオフを迎える。

女子フットサルの熱い試合ができた

小野直樹監督(さいたまサイコロ)

──今日の試合を振り返って。

先週(のプレーオフ準決勝で)、選手たちが非常に頑張ってくれましたが、と同時に消耗していたなかで、この一週間でどれだけ回復できるか。うちはやり方を変えることはなく、自分たちのプレーモデルを頭にどれだけ対応できるか。そのなかでアルコへの対策としては、相手はシンプルにピヴォにロングボールを入れてきますし、どのチームよりもそこで収まります。それと、当てた後に入ってくる周りの選手の対応が優れています。そこに付き切れないとやられるなと。それに、プレスも前から来るので、そこで中のスペースを使いたいなと。そこから外、裏へ。相手は前にすごく強いチームな一方で裏がルーズになるところは狙っていました。

前半の立ち上がりも、選手はアグレッシブでしたし、悪くはありませんでした。ゾーン1(自陣ゴール前の危険なエリア)で失ってしまってはいけないですし、ゾーン2(ハーフウェー付近)でどう振る舞うか。そのゾーンでは危ないシーンもありましたが、正直、失点の場面はもったいなかったなと。ディフェンスの数もそろっていたので、やられたというよりかは。後半に盛り返してくれて、明日につながるゲームができました。

途中、4点差まで開いて、タイムアウトでも「1点ずつ返していこう」と話していて、2点も返してくれました。明日につなげてくれましたし、チャンスがあります。相手の強度に対抗して、女子フットサルの熱い試合ができたことに満足しています。

──後半のビハインドの場面ではパワープレーの選択もあったのか。そこは先週の準決勝(でパワープレーをやめて通常攻撃で逆転したこと)もあって、やらなかったのか。

残り1分で4点差とかであれば明日のことも考えますが、相手はパワープレーで果敢にプレスをかけてきます。そこで取られて失点して明日のモチベーションを下げてもいけないので、今日はやらないと。そこで選手が追い上げてくれました。

──トランディション(攻守の切り替え)のところで守備の混乱があったように見えたが。

トランディションの混乱というか奪われる場所、奪われ方。前掛かりになっていたところで失っていました。そこはいつも言っているのですが、ゾーン2での振る舞いがよくなかった。サポートの位置も含めて、明日に向けて修正したいと思います。

吉川紗代(さいたまサイコロ)

──今日の試合を振り返って。

準決勝の2試合に続いて今日も点の取り合いとなって、うちらしい試合でした。監督も言っていたように、ピヴォに入れられてしまうシーンが多かったですし、苦戦しました。そこを修正すれば、明日はもっといい試合ができると思います。府中アスレティックFCプリメイラ戦(の2試合目)でも4点差を逆転できているので、まだ1試合残っていて2点差は、明日がすごく楽しみ。今日も本番でしたけど、明日が本番。明日はいいものが出せると信じています。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami