SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.23

【プレーオフ決勝/名古屋×大阪】名古屋の無敗記録を止めた!大阪が逆転優勝に王手。「まだ40分が終わっただけ。明日の40分に向けて準備する」(大阪 小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

2月23日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ決勝 第1戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ、リーグ1位の名古屋オーシャンズとプレーオフ準決勝を勝ち上がったシュライカー大阪が対戦。大阪は拮抗した試合を3-2で制すとともに、今シーズン無敗の名古屋から初めて白星を挙げた。

序盤から圧力を強めてくる相手に対して大阪は、アルトゥールを中心とした粘り強い守備で対抗。すると12分、エリアの外でFKを獲得すると、パスを受けた中央の加藤未渚実が左足を一閃。待望の先制点を奪った。

さらに15分、相手のパスを奪った堀米将太が左サイドを駆け上がると、そのまま左足でトーキックを突き刺して0-2。5ファウルを数えてしまっていた大阪は16分、相手に第2PKを与えてしまったものの、そこは檜山昇吾が立ちはだかってピンチを脱する。終了間際にアルトゥールが負傷離脱するアクシデントがあったものの、リードを保った状態で試合を折り返した。

後半、相手が猛攻を仕掛けてくるなかで大阪は集中した守備で対応。26分にはセットプレーからゴールをこじ開けられてしまったものの、直後の27分、相手の隙を突いて小曽戸允哉が追加点。リードを再び2点に戻した。29分に1点差にされてしまうと、その後も押し込まれる展開が続くが、決定的な場面で檜山がビッグセーブを連発。相手のシュートがポストをたたくなど運も味方につけて試合は終盤へ突入した。

前半に続いて、6分を残して5ファウルをためてしまうと、その後は厳しく当たり切れない守備が続いていた。迎えた残り28秒、守備の要、田村友貴が痛恨のファウルを犯して第2PKを献上してしまうが、この場面でも檜山がシュートストップ。大阪の8本に対して名古屋が43本のシュート数という、攻守の構図が分かれた試合展開になりながらも、最後まで集中を切らさなかった大阪は3-2で第1戦をものにした。

第2戦は明日24日、同会場で18時キックオフ。大阪は引き分け以上の成績で2年ぶり優勝を決める。

もっと攻撃をしていかないといけない

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

タフな試合になりました。リードして守る時間が長くなり、本当に辛かったです。そのなかでも乗り切っての勝利はすごく大事だと思います。決勝は、いい試合をするのではなく勝つためにやるものです。明日のことも考えないといけないですが、今日勝ち切ったのは選手が守ってくれたから。感謝しています。

──アルトゥール選手が前半終了間際にケガで離脱してしまい後半の出場はありませんでした。状態などはどうなのでしょうか?

ホテルに戻って、できるかできないかの判断をしないといけません。(前半が終わったところで)今日は厳しいと(いう申し出がありました)。明日のために休ませたわけではありません。

──前半はゾーンで守りながら、後半はマンツーマンでラインを下げていました。

前半はポジショニングを取りながらできたところもありますが、(逆サイドにパスを)飛ばされて打たれたりもしたので、(マークを受け渡すのかついていくのか)はっきりしようと。あと、1対1にも気をつけようと話していました。特に1対1のシーンでは、(カバーリングに入っていく)2人目がブロックされるので。そこについては、審判もどこまで見えているかわからないところなので、準備をしないといけません。

──アルトゥール選手が出られないことで相井忍選手がフィクソに入りました。

相井忍は、今シーズンの町田戦や名古屋戦でもフィクソをしたことがありました。それほど経験があるわけではないですが、神戸時代にも経験があると。よくやってくれたと思います。ピヴォも3人いるので、そこはうまく回そうと。ただ、名古屋は素晴らしいチームなので守る時間が長くなってしまいますが、こちらもプレッシャーを回避していかないと相手も怖いと思ってくれません。それでは40分、守り切れない。もっと攻撃をしていかないといけないと思います。

──残り1分くらいでタイムアウトを取ってから、ポゼッションしていた印象だが。

5ファウルもあるので、焦らないでいこうと。そこは気をつけないといけないので落ち着こうと。この試合は、いい守備からボールを奪っても、相手にそこでまた取られてしまうシーンがありました。取った後に(相手が奪い返すために)寄せてくることを意識しないといけないと伝えました。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

監督も話していたように本当にすごく苦しい試合でしたが、まだ40分が終わっただけ。明日の40分に向けて、またしっかりと準備をしていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami