SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.25

【女子プレーオフ決勝/神戸×サイコロ】 2冠達成にも“歓喜のない”どこまでもストイックな集団。「自分たちが納得する展開とプレーで日本一を目指したい」(神戸 加藤正美)

PHOTO BY軍記ひろし

2月24日(日)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ決勝 第2戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ、リーグ1位のアルコイリス神戸とプレーオフ準決勝を勝ち上がったリーグ3位のさいたまサイコロが対戦。神戸はこの試合を4-5で落としたものの、第1戦に7-5で勝利していたことで、合計スコア11-10で上回って優勝。昨シーズンからの連覇を達成した。

初戦の勝利で2点のリードを得ていた神戸にとって「2点差以内の敗戦」なら優勝が決まる試合。それでも、連勝で優勝を決めたい彼女たちは序盤から攻勢の姿勢を見せたものの、第1戦の終盤の追い上げから勢いに乗っていた相手に先行を許す展開に。2分にロングスローから、3分にキックインから、4分にも長いパスを使われて連続失点を喫し、早々に合計スコア7-8と上回られてしまった。

6分には、相手ボールを高い位置で奪った藤田靖香が2試合連続となるゴールで反撃したものの、7分にバックパスで与えた間接FKの流れから決められてしまう。すると神戸は、相手エース・筏井りさを徹底マークしていた江口未珂を前線に上げて勝負に出るとこの采配が的中。神戸のエースが中央からアウトサイドで右上隅にミドルを突き刺す技ありの一撃を見せて2-4。合計スコアで9-9という、神戸にとっては“優勝圏内”ながら、この一戦も1点を争う白熱の攻防を繰り広げて折り返すことになった。

後半、先手を取ったのは神戸。29分に右サイドの江口から斜めに送られたパスに反応した若林エリがダイレクトで決めて3-4として“2点差”に。それでもこの試合は終わらない。33分には、相手のコントロールタワー・秋田谷美里に華麗なミドルシュートを決められて3-5、合計スコアは10-10。残り時間は6分、「次の1点が勝敗を分ける」という緊迫のなかで魅せたのはやはりエース・江口だった。

中央でマイナスのパスを受けた江口は、ワンタッチで左にズラして左足を一閃。これが右隅に決まってリードを広げることに成功した。後がない相手が直後からパワープレーを仕掛けてくるなかで、神戸は果敢なプレスで対抗。最後までゴールを割らせることなく守り切り、試合は4-5で終了した。

その瞬間、ピッチに歓喜の姿はなかった。敗れたサイコロには涙を流す選手の姿があり、一方の神戸は、優勝を決めたもののこの試合に勝利できなかった悔しさをにじませて淡々と整列。その後、行われたセレモニーで、リーグ戦7試合で19得点をマークした江口が得点女王として表彰され、チームも優勝カップを掲げると笑顔が爆発したものの、女王・アルコイリス神戸のストイックに勝利を求める姿勢が際立つ一幕だった。

「自分たちのフットサルをやろう」と確認して戦えた

神戸洋平監督(アルコイリス神戸)

──今日の試合を振り返って。

大変な試合になるだろうと思って準備をしていたのですが、立ち上がりに失点をしてしまったことで、ゲームプランが少し崩れてしまいました。追い掛ける展開が続きましたが、最初は受け身になってしまい相手に合わせる時間が続いて、流れがあまりよくはありませんでした。でもそのときに「自分たちのフットサルをやろう」と確認して戦うことができました。

──試合後のピッチ上のインタビューで、若林エリ選手が「敗戦で決めた優勝だから複雑な気持ち」と話していましたが、率直に勝った感想としてはいかがですか?

若林選手も言ったように、理想としては2連勝で優勝を決めたかったです。でも相手もいることですし、厳しい試合になってしまったので。失点することなく、こちらが優勢に試合を進められるように、また練習から作っていきたいと思います。

──第1戦では相手エースの筏井りさ選手を抑えるという狙いを話していましたが、今日はゴールを奪われていません。それに途中から(筏井選手をフィクソの位置でマッチアップさせていた)江口未珂選手を前のポジションに移しました。それは点を取りたいというところで?

昨日の統括でも話しましたが、(江口選手は)相手に合わせてマッチアップさせていましたが、(相手に先行されてしまっていた)展開的にも点がほしかったので、彼女を前にすることで「アルコイリスのフットサルでみんなで点を取ろう」というところでした。

加藤正美(アルコイリス神戸)

──今日の試合を振り返って。

まずは、目標としていた3冠のうち、全日本選手権、日本リーグの2冠まできたことはチームとしてよかったです。ですが今日の試合は、自分たちの納得する展開にできずに苦しみました。来週(の3月1日から3日に、福島県の宝来屋 郡山総合体育館で行われる)地域女子チャンピオンズリーグがあるので、そこで修正して、自分たちが納得する展開とプレーで、日本一を目指したいと思います。

──優勝を決めて率直にどんな感想ですか?

終わった瞬間は、試合に負けて悔しいという気持ちがまずはありました。勝って優勝したかったのでそこは悔しかったのですが、リーグの積み重ねがあったからこそ優勝できたのかなと。また修正して、次の地域チャンピオンズリーグにぶつけたいなという思いです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami