SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.02.25

【プレーオフ/入替戦・試合結果】名古屋、アルコイリスが優勝!長野が昇格権を、神戸が全日本選手権の出場権を決める!

PHOTO BY軍記ひろし

2月23日、24日にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ決勝とGAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ決勝が武田テバオーシャンアリーナで開催された。また、同日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場ではFリーグ2018/2019 ディビジョン1・2入替戦プレーオフとJFA 第24回全日本フットサル選手権大会Fリーグ出場チーム決定プレーオフが行われた。

今シーズン最後の大一番が愛知と東京で開催された

F1の年間王者を決める名古屋オーシャンズ対シュライカー大阪の決勝戦は第1戦で大阪が勝利。しかし名古屋が第2戦を制したため1勝1敗でレギュラーシーズンを1位で終えた名古屋が2年連続11回目のリーグ優勝を勝ち取った。

また、同会場で行われた女子リーグの決勝戦ではアルコイリス神戸がさいたまサイコロと2試合戦い1勝1敗で神戸がリーグ連覇を達成。

駒沢で行われたアグレミーナ浜松とボアルース長野の入替戦の第1戦は引き分けに。第2戦は4-1で長野が勝利し、来季のF1昇格権を獲得。3月13日に行われる理事会で承認されると正式にF1昇格が決定する。

同日、駒沢で行われた全日本選手権プレーオフ、デウソン神戸対ポルセイド浜田は4点差で浜田が大勝した。しかし翌日の第2戦はデウソン神戸が7-3で4点差をつけて勝利。この結果、2戦合計7-7となり、リーグ順位が上のデウソン神戸が3月2日から行われる全日本選手権への出場を決めた。

試合の結果は以下の通り。

【プレーオフ決勝】
名古屋 5-5 大阪(2戦合計)

【女子プレーオフ決勝】
アルコイリス 11-10 サイコロ(2戦合計)

【入替戦プレーオフ】
浜松 4-7 長野(2戦合計)

【全日本選手権プレーオフ】
神戸 7-7 浜田(2戦合計)

▼ 関連記事 ▼

Bitnami