SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.03.09

【全日本選手権準決勝/名古屋×大阪】またも名古屋の前に敗れるも、アルトゥール不在の中で見せた今井のフィクソ起用「彼のようにはできないけれど…」(大阪 今井翔)

PHOTO BY軍記ひろし

3月9日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、シュライカー大阪は名古屋オーシャンズに2-3で敗れた。

この1カ月で12試合目を迎え、さらに名古屋との対戦は4度目となる大阪。立ち上がりから名古屋に押し込まれながらもGK檜山昇吾の好セーブもあり時間を進めて行く。それでも11分に失点して0-1で試合を折り返した。

後半も名古屋ペースの中、立て続けに2失点をして0-3と引き離される。しかしここからギアを上げると、24分には相手陣内左サイドのFKを加藤未渚実が直接叩き込む。26分には左CKから芝野創太が押し込んで1点差に詰め寄った。

さらに大阪は36分から加藤をGKに置いてパワープレーに出るが後1点が遠く終了のホイッスル。名古屋に敗れた大阪はベスト4敗退となった。

またも名古屋の壁を越えられず…

今井翔(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

結果として、名古屋を相手にプレーオフで1度勝てただけで、あとは全て負けてしまったシーズンでした。悔しいのはもちろんあるんですが、今はまだうまく整理できていないです。

──名古屋とは直近で4度目の対戦となりました。リーグ戦最後のセントラル開催、プレーオフ決勝、そして今回はブラジル人選手がいない中での全日本でした。それぞれ状況が違う中での試合だったと思いますが、何か手応えはありましたか?

リーグ戦では出場機会がなかったのでベンチから見ていた印象になるのですが、負けた中でも手応えは感じていました。今回の選手権で出場時間を得て、外国人選手がいない中でプレーしましたが、その手応えは確信になりました。でも、勝負の世界ですし、結局は負けているので何も言えないですね。

それでもシーズンが経過していく中で、チームのまとまりは良くなっていきました。仲間を信じて戦うことが大事で、そう言う部分はシーズン終盤にかけて見ながら感じていましたし、選手権でプレーしながらも感じることができました。

──選手権では久々に多くのプレー時間を得ましたが、いかがでしたか?

やぱりプレーすることは楽しいです。日々の練習も試合のためにやっているので、試合に出る喜びを感じていました。ただ、同じことの繰り返しになりますが、そこで勝たないと意味がないです。

──リーグ戦では出場機会が得られない中、今回の選手権では良いパフォーマンスを見せていました。気持ちを切らさずにいる秘訣は何かありますか?

正直に、何度も心が折れそうになることもありました。でもやっぱりチームの力になりたいと言う気持ちが強いですし、自分が折れると悪い影響を与えてしまいます。年齢も上がってきて、やることは多くなっています。そしていつかチャンスがくると信じながらトレーニングしてきました。

──チームはこの1カ月で12試合目でした。疲労はとっくにピークを過ぎていたのでは?

出場時間が長い選手の疲労は溜まっていたと思います。ただ、練習の強度は監督がコントロールしながら、試合に向けた調整はできていました。その中で、今日の試合も立ち上がりから前から行くように共有していました。今までの名古屋戦のように、前から行こうと話していましたし、疲れている中でもできていたと思います。

──この選手権では、アルトゥール選手が不在の中、今井選手がフィクソに入る場面が多かったですが?

監督からもやってもらうと言われていました。このチームには、アルトゥールや田村友貴といった良いフィクソがいます。彼らのようにはできないけれど、まず守備を考えて相手のピヴォに良い形でシュートを打たせないことをベースに戦いました。

──チームとしても3人目のフィクソが欲しいと思っている中で、今井選手のフィクソ起用はこれからも1つのポイントになりそうですね。

ポイントになるかはわかりませんが、選手としてはいろいろなポジションをできる方が良いと思っています。スペシャリストも大事ですが、ポジションに囚われないプレーをすることも大事です。フィクソの選択肢になれれば良いなと思いますし、どこでもできるようにやっていきたいですね。

▼  ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami