SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.05.28

【負傷者情報】3シーズンぶりの王座奪還を狙うシュライカー大阪に痛手…。小曽戸允哉が全治8週間の離脱

PHOTO BY軍記ひろし

シュライカー大阪は28日、元日本代表FP小曽戸允哉の負傷を発表した。

開幕戦では先制点含む2ゴールをマーク

クラブの発表によると小曽戸は26日に行われたFリーグ2019/2020 ディビジョン1第1節のペスカドーラ町田戦で負傷。診断の結果、右ヒザ内側側副靱帯損傷により、全治は6〜8週間となるようだ。

小曽戸は町田戦の3分に、この試合の先制点をマーク。22分には2点目を奪うなどチームの4-2の勝利に大きく貢献していた。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami