SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.12.18

【sfida展示会】フウガドールすみだの田口元気と丹羽脩人が2020年秋冬の新作をチェック!

PHOTO BYsfida

12月10日、11日の2日間、サッカーやフットサルなどを手がけるスポーツブランド「sfida」の展示会「2020 AUTUMN & WINTER COLLECTION」が行われた。

2020年秋冬に向けて販売がスタートし、スポーツショップなどを彩る今回のコレクションのテーマは「THE START OF MORE」。多彩なシーンで活躍するボーダーレスなデザインをそろえることで、新しいスタイルを追求している。

グラデーションや“幾何学的な”ジオメタリックパターンのモチーフを組み合わせた柄など、トレンドを取り入れながら遊び心を表現するデザイン性や、スポーツシーンで重宝される機能性にも注目だが、今回のライナップの特徴の一つはカラーリングだ。

ベージュやカーキ、オレンジを基調とした商品は、スポーツシーンにとどまらず、普段使いのアイテムとしても街中で映えるものばかりだ。展示会当日は、sfidaがサプライヤーを担当するフウガドールすみだに所属するsfida契約選手の田口元気と丹羽脩人が来場して、早速、新作に袖を通して“2020年を先取り”した。

sfidaはFリーグのオフィシャルボールサプライヤーを務めているだけでなく、サッカーボールも現在、話題沸騰中。木梨憲武氏がデザインした「VAIS×REACH OUT by NORITAKE KINASHI」シリーズのトップモデル「VAIS PRO NORITAKE KINASHI Edition」は、韓国で開催中の「EAFF E-1 サッカー選手権2019決勝大会」の公式試合球として使用され、17日に優勝を決めたなでしこジャパンの“足元”を飾った。18日には、男子も優勝を懸けた日韓戦を控えており、アジア最高峰のフットボールシーンでsfidaが際立っている。

現在sfidaオンラインショップなどで販売中の「2019AW」商品を1年前にレコメンドした展示会レポートも要チェック!

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami